根尾昴の父・根尾浩と母・根尾実喜子と医師!実家?医学部の学力!兄は学で姉は春陽!家族!両親!祖父

中日
この記事は約6分で読めます。

ドラフト会議で根尾君が高評価につながったのは、優秀な地頭力があったからと言われています。

優秀な子供に育てた両親もやはり立派なかたでした。

飛騨市立河合小学校2年時に「古川西クラブ」に入団し野球を始めました。

 主に投手と三塁手を務め、ドラゴンズジュニアにも選抜されました。

根尾昴のプロフィール

 飛騨市立古川中学校時代は「飛騨高山ボーイズ」に所属します。投手と遊撃手を務め、中学3年時には最速146km/hを記録したことから「スーパー中学生」として注目される存在だったのです。

また中日スポーツはこの当時から根尾の才能に着目、記事として掲載している

国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県飛騨市
生年月日 2000年4月19日(18歳)
身長  177 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手、外野手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
年俸 1,500万円(2019年)

関連記事:根尾昴の彼女や結婚の願望?好きなタイプは?モテるエピソード

中日・根尾昴の父・根尾浩と母・根尾実喜子!たつの市?実家?祖父

祖父根尾治吉さんは中日ドラゴンズ岐阜後援会のようです。

実家は飛騨

両親は共に自治医科大学卒で、実家飛騨市です地域医療に携わる医師。

家族の構成は下記の通りになります。

  • 父・浩(51)・・・医師
  • 母・実喜子(50)・・・医師
  • 兄・学(岐阜大医学部)
  • 姉・春陽(看護師)

富山県境に近い山あいで、3人きょうだいの末っ子として育ちました。

小学2年の時、3歳上の兄にならって野球を始めると、1年後にはソフトボール投げで50メートル超を記録し、6年生の記録をも超えた。「人気のない町で、遠投が好きでずっと投げていた記憶があります」と話しています。

根尾が学力がよい

根尾昴選手は野球だけでなく勉強もできて、中学時代オール5という成績をおさめたと言われています。

趣味は読書であり、さぞかし両親も優れたかたなのではないかと思いますよね。

大阪の進学校・大阪桐蔭での成績はオール5に近い成績を残していました。

父は根尾浩さん、母は根尾実喜子さん

根尾昂さんのお父さんは根尾浩さんでお母さんは根尾実喜子さん。年齢は父が51歳で母が50歳だそうです。

どちらも根尾家の地元、岐阜県飛騨市で診療所に勤めています。

お二人は在学中に知り合い、交際・ご結婚に至ったようです。

現在は飛騨市内にある河合診療所というところに勤務しています。

父と母から学力が優秀といわれる

母は兵庫県たつの市出身のようです。

母は「雪かきや子育てなど住民が助け合う町で、幼い頃から指図されることなく気長に育ててもらった。自分で考える習慣はそこで培われたのかなと思う」と振り返る。

父も「勉強も含めて昂に口出しすることはなかった。考える材料を与えて、見守るだけだった」と話す。根尾は、浩が撮影したビデオで自らのプレーを見直しては、フォームなどを改めた。

根尾昴の兄は?岐阜大学医学部でバスケットボール部に所属

根尾は3人きょうだいの末っ子です。兄は2018年時点では医学部生、姉は看護師でした。

根尾昂の兄、根尾学。地元の県立斐太高校を初の岐阜大会決勝に導いた時のエースで、準決勝ではソフトバンク1位の高橋純平がいた優勝候補の県立岐阜商業に勝利。しかも高校入学時はバスケ部で現役で医学部合格とか、どんだけスーパー兄弟なんだ…#根尾昂 #根尾学 #大阪桐蔭 #斐太高校

根尾昴選手の兄は根尾さんです。

学さんは根尾昴選手の3歳年上で、同じく高校時代は野球をやっていました。

岐阜県斐太高校で投手をつとめ、惜しくも甲子園出場は果たせませんでしたがエースとして大活躍し斐太高校野球部を創立以来初の県大会決勝まで導きました。

高校卒業後はは岐阜大学医学部に進学し、現在は野球ではなくバスケットボール部に所属しているようです。

根尾昴の姉は根尾春陽?

根尾家の3人姉弟の長女です。岐阜県飛騨市で生まれ育った根尾春陽さんです。年齢は根尾選手より5歳年上になります。


小さい頃からスポーツが好きだったそうで、小学生の頃は河合スキージュニアに所属してました。
小学5年生のときに出場した地元のジュニアスキー大会では、小学生高学年女子の部 大回転でも活躍したようです。

また、根尾選手自体も2歳でスキーを始め、中学2年時にはスキー男子回転で全国優勝しています。イタリアで開かれた国際大会にも出場したが、その年限りで野球に専念することとなりました。

中学校からはスキーをやめてしまったようです。陸上を始め3年次に出場した岐阜県中学校総体の地区大会では800m走で2位に輝いたと噂があります。
そして飛騨市のとなりに位置する高山市にある県立斐太高校に進学し、陸上部に所属しているようです。

斐太高校は卒業時に川に下記のインスタの通り、『白線流し』という行事をおこなうことで知られています。岐阜県立斐太高等学校(ぎふけんりつ ひだこうとうがっこう)は、岐阜県高山市に所在する県立高等学校である。

硬式野球部は第97回全国高等学校野球選手権岐阜大会で初めて飛騨地方の高校から決勝へ進出し準優勝となっています。根尾学さんと同じ高校だったんですね。

根尾くん姉「野球を本気で極めたいなら物理を勉強すべき」根尾くん「おかのした」

お務めになっている病院や顔画像などは明らかになっていません。姉・春陽さんは、父母の志を受け継ぎ、富士大医学部看護学科を卒業して看護師になりました。

根尾「僕は選択科目で物理を取るべきでしょうか?」 西谷監督「そんなことを相談してきた野球部員は君が初めてだ」 相談した理由は兄が医学部、姉が看護師ということで「野球を本気で極めたいなら物理を勉強すべきでは?」というアドバイスがあったから #根尾昂 #大阪桐蔭


ツイートされておりますように地元でテレビ番組をやっていたそうです。父と母と同じ病院でしょうか。


まとめ

桑田真澄のようなタイプであり、体が大きくなくてもよいピッチャーになれたかもしれません。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました