MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【中村悠平の結婚と嫁】妻?自宅や子供!結婚式!家族!ヤクルト

中村悠平の結婚!嫁と妻?弟は中村辰哉?自宅や子供!結婚式!家族

中村 悠平(なかむら ゆうへい、1990年6月17日 – )は、福井県大野市出身のプロ野球選手(捕手)。東京ヤクルトスワローズ所属。マネジメント契約はエイベックス・スポーツ。

2008年度ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズの3巡目指名を受け、契約金4500万円、年俸480万円(金額は推定)で入団しています。

 背番号は「52」。福井商業高校からヤクルト及びその前身球団に入団した初の選手となった。その後中村は、契約金の一部から母校にピッチングマシンを贈っているようです。

そんな打てる捕手の中村 悠平ですが、ヤクルトの強さは彼のおかげでもありましょう。今まで怪我が多かったもののそこもクリアしています。それでヤクルトもつよくなりました。

そんな彼を支える家族を紹介します。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では【中村悠平の結婚と嫁】妻?自宅や子供!結婚式!家族!ヤクルトについてお伝えします。

国籍 日本
出身地 福井県大野市
生年月日 1990年6月17日(31歳)
身長
体重 176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2008年 ドラフト3位
初出場 2009年10月2日
年俸 9,000万円(2021年)
(2019年から3年契約

目次

【中村悠平の結婚と嫁】妻は?結婚式と自宅?子供は?息子

 中村悠平は結婚してる

2014年1月18日に 中村悠平はまなみさんという女性と結婚しています。

東京の芝公園にある「ザ・プリンスパークタワー東京」で挙式し、多くの関係者が訪れた華やかな披露宴はスポーツ紙でも大きく取り上げられたほどです。

感極まった24歳は「活躍することが恩返しになる」と家庭とグラウンドで正妻を守る決意。7年目を迎える来季に向け、初の全試合出場を目標に掲げた。

引用元:中村悠平が嫁と結婚(サンケイ)

中村悠平の嫁はとんな人

長澤まさみさんとよく似ているそうで、1つ年上の姉さん女房です。

本名 長澤 まさみ
生年月日 1987年6月3日(35歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県磐田市
身長 168 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ、映画、CM
活動期間 2000年[2] –
著名な家族 長澤和明(父・サッカー指導者(ジュビロ磐田初代監督))
事務所 東宝芸能

 ただ、長澤まさみは巨人ファンなのです。

中村悠平と嫁の馴れ初めは?

愛美さんは一般の方なので友人などの紹介によって知り合った可能性が高いでしょうね。

結婚の翌年に初となるベストナインやゴールデングラブ賞を獲得していることから見ても、愛美さんとの結婚は私生活だけでなく仕事にも良い影響を与えたのは間違いなさそうです。

優しく朗らかな笑顔と、聡明で誠実な人柄に惹かれたそうです。

【中村悠平の結婚と嫁】妻との結婚式!自宅では?

中村悠平の結婚式では?

ヨシラバー
ヨシラバー

ヤクルト・中村悠平が、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で夫人の愛美さんと挙式・披露宴を行っています。

結婚の翌年に初となるベストナインやゴールデングラブ賞を獲得していることから見ても、愛美さんとの結婚は私生活だけでなく仕事にも良い影響を与えたのは間違いなさそうです。

純白のタキシードに身を包み、純白のウエディングドレス姿の新婦・愛美さんをエスコートしました。挙式・披露宴を行った中村が頬を赤らめながら、決意を新たにしました。

1月に結婚したヤクルト・中村悠平捕手(24)が20日、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で夫人の愛美さん(25)と挙式・披露宴を行った。感極まった24歳は「活躍することが恩返しになる」と家庭とグラウンドで正妻を守る決意。7年目を迎える来季に向け、初の全試合出場を目標に掲げた。
 純白のタキシードに身を包み、純白のウエディングドレス姿の新婦・愛美さんをエスコート。都内のホテルで挙式・披露宴を行った中村が頬を赤らめながら、決意を新たにした。

引用元:ヤクルト・中村捕手が挙式 「活躍することが恩返しに」
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次