中村悠平の年俸?嫁?結婚!fa移籍?なぜムーチョ!契約!弟はDeNA!中村辰哉!自宅や子供!川畑

東京ヤクルトスワローズ
この記事は約5分で読めます。

ヤクルト・中村悠平の年俸?嫁?結婚!fa移籍?弟はDeNA!契約!なぜムーチョとは!自宅や子供! 中村辰哉! 横浜DeNAベイスターズ

吉本新喜劇の川畑泰史さん似てませんか?

中村 悠平(なかむら ゆうへい、1990年6月17日 – )は、福井県大野市出身のプロ野球選手(捕手)です。東京ヤクルトスワローズ所属してます。

マネジメント契約はエイベックス・スポーツ。

ヤクルト・中村悠平の年俸?嫁?結婚!fa移籍?弟はDeNA!契約!なぜムーチョとは!中村辰哉!自宅や子供!川畑

国籍 日本
出身地福井県大野市
生年月日1990年6月17日(31歳)
身長
体重
176 cm
83 kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション捕手
プロ入り2008年 ドラフト3位
初出場2009年10月2日
年俸9,000万円(2021年)
(2019年から3年契約

年俸・年収は安い?

今年の活躍をみると安く見えますね。

年俸(推定)チーム背番号
2021年9000万円東京ヤクルトスワローズ2
2020年9000万円東京ヤクルトスワローズ52
2019年9000万円東京ヤクルトスワローズ52
2018年5400万円東京ヤクルトスワローズ52
2017年5100万円東京ヤクルトスワローズ52
2016年6700万円東京ヤクルトスワローズ52
2015年4000万円東京ヤクルトスワローズ52
2014年2600万円東京ヤクルトスワローズ52
2013年2400万円東京ヤクルトスワローズ52
2012年650万円東京ヤクルトスワローズ52
2011年580万円東京ヤクルトスワローズ52
2010年530万円東京ヤクルトスワローズ52
2009年480万円東京ヤクルトスワローズ52

結婚と嫁!

2014年1月18日にまなみさんという女性と結婚しています。東京の芝公園にある「ザ・プリンスパークタワー東京」で挙式し、多くの関係者が訪れた華やかな披露宴はスポーツ紙でも大きく取り上げられたほどです。 長澤まさみさんとよく似ているそうで、1つ年上の姉さん女房です。

愛美さんは一般の方なので友人などの紹介によって知り合った可能性が高いでしょうね。

結婚の翌年に初となるベストナインやゴールデングラブ賞を獲得していることから見ても、愛美さんとの結婚は私生活だけでなく仕事にも良い影響を与えたのは間違いなさそうです。

愛美さんは一般の方なので友人などの紹介によって知り合った可能性が高いでしょうね。

結婚式では?

結婚の翌年に初となるベストナインやゴールデングラブ賞を獲得していることから見ても、愛美さんとの結婚は私生活だけでなく仕事にも良い影響を与えたのは間違いなさそうです。純白のタキシードに身を包み、純白のウエディングドレス姿の新婦・愛美さんをエスコート。都内のホテルで挙式・披露宴を行った中村が頬を赤らめながら、決意を新たにした。

自宅では?

2011年に友人の紹介で知り合い、優しく朗らかな笑顔と、聡明で誠実な人柄に惹かれたそうです。

「何をつくってもおいしい」というほどの料理上手で、体重が落ちやすいという中村悠平選手を食事の面からサポートしてくれています。

中村悠平選手が一気にブレイクしたのも、結婚直後の2014年シーズンですから、きっと嫁さんのサポートが大いに支えになっているのでしょう。

子供は?息子

子供ですが、2015年の12月24日に第一子となる男の子が誕生しています。

強くて頼もしい男性に育つのではないでしょうか。

愛する嫁と子供の家族に支えられて、より充実した野球人生を今後も歩んでほしいですね。

FA移籍は?中村悠平

唯一の懸念といえるのが正捕手の中村です。

昨季中に海外FA権を取得し、31歳となった今季で3年契約が満了となります。

打棒でも自己最高の打率・288と攻守でチームをけん引し、ベストナイン受賞が濃厚だ。

前出幹部は「中村のプライドをどこまで満足させることができるかの問題。3年前も出て行く感じはなかったが、そろそろ話をしなければいけない」と、シーズン終了前の残留交渉で誠意を見せる構えです。

なぜムーチョの愛称

 「ムーチョ」の愛称は、1年目に「たまたまカラムーチョを食べていたら、大塚ブルペン捕手に目撃されて広まった」。そうです。

今では「中村! と呼ばれても違和感があるくらい」といい、ファンやメーカーからカラムーチョをプレゼントされるまでに浸透した。

弟は中村辰哉! 横浜DeNAベイスターズ


出身地 福井県大野市
生年月日 1996年1月24日(25歳)
身長
体重 173 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
福井県立福井商業高等学校
龍谷大学
福井ミラクルエレファンツ

大卒での入団という年齢から考えて、1,2年でのNPB入りを目指しました。

2019年には入団2年目にしてチームの主将に抜擢された[7][8]。学生時代とは違い、BCリーグ時代では怪我なくプレーできたました。

レギュラー完全奪取までには至らず、2年とも打率は2割台前半でシーズンを終えた。NPB入団を果たせなかったことから、2019年シーズン限りで福井を任意引退した退後も野球に携わりたいと考えており、体が元気なうちに選手のサポートをしたいという考えから[10]NPBの裏方スタッフの仕事を探していたところ、横浜DeNAベイスターズから声がかかました。

まとめ

ヤクルト優勝の裏の原動力ですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました