森本稀哲の嫁は?韓国人の家族!子供?悠美と結婚!娘と息子!実家は日暮里!父・母は在日?日本人!応援歌

日本ハムファイターズ
この記事は約5分で読めます。

森本稀哲は韓国人の家族!嫁・奥さんは悠美で結婚!娘と息子!子供?実家は日暮里!父・母は在日?日本人

元プロ野球選手の森本 稀哲(もりもと ひちょり)さんです。

この人、確か奥さんが空前絶後の超絶怒涛の美人だったはず!

また、韓国人や 応援歌 であったり、日暮里などについてプライベートをお知らせします。

森本稀哲は韓国人の家族!嫁・奥さんは悠美で結婚!娘と息子!子供?実家は日暮里!父・母は在日?日本人

森本 稀哲(もりもと ひちょり、1981年1月31日 – )は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投右打)、野球解説者・評論家、タレント、YouTuber。 1998年度ドラフト会議にて日本ハムファイターズから4位指名を受けて入団。

生年月日: 1981年1月31日 (年齢 40歳)

出生地: 東京都 荒川区

身長: 185 cm

体重: 81 kg

配偶者: 悠美 (2012年から)

年俸: 8000万円 (2013年)


最終出場: 2015年9月27日(引退試合)
プロ入り: 1998年 ドラフト4位
初出場: 2000年8月2日
生年月日: 1981年1月31日(40歳)

在日韓国人の家族!在日韓国人?日本人?

実家の詳しい情報、父母や妹について紹介します。

森本稀哲は、自身が在日韓国人だったことを公表しています。国籍は日本なので韓国系日本人。
父が在日韓国人で、「ひちょり」という名前も「稀哲」の朝鮮語の発音「ヒチョル」からとって父が命名しました。お母さんは日本人。

実家が 日暮里 焼肉店「絵理花」!応援歌

それは応援歌史上に残る怪作。日本ハム時代の応援歌前奏、「焼肉絵理花 日暮里駅前 歩いて5分の一等地~♪」の強烈なフレーズ

ひちょり本人が「野球と関係ないので」と球団に使用中止をお願いして以降、このフレーズは歌われなくはなったが、それまで毎試合数万人が「焼肉えりかー♪」と歌っていたのである。

森本稀哲は東京都荒川区の出身で、実家は東京都荒川区の西日暮里にある焼肉店「絵理花」です。

森本稀哲の父母が経営している焼肉店とあって、野球ファン・稀哲ファンが集まる人気店でした。

現在は現在は閉店していますが、森本稀哲さんのグッズやポスターが飾られていてファンにとっては聖地となる人気店でした。

実家というだけあって店内には森本稀哲のグッズやポスターが飾ってあり、野球ファンにはたまらないです。

父母は焼肉店を経営、森本稀哲はその顔立ちや「ひちょり」という名前から韓国人説が浮上しますよ。

父が在日韓国人!母は?

父親は自身のルーツである韓国を意識されて稀哲と命名されたようですが幼い事の森本さん
そうして名前で注目されるのは正直嫌だったみたいですね。
初等教育は韓国学校で受けており、森本稀哲本人も「在日韓国人としての民族意識は強かった」と語るなど、在日韓国人であることを公表していました。

初等教育は韓国学校で受けており、森本稀哲さん自身も「在日韓国人としての民族意識は強かった」と語っています。

2007年11月に日本へ帰化しているため、国籍は日本人となります

森本稀哲は在日韓国人として生まれ、プロ入り後に帰化して現在は日本国籍を持っているという結論となりました。

嫁・奥さんは悠美で結婚式&結婚

さすがモデルさんですね。悠美さんは、ファッション雑誌『JJ』の専属モデルや資生堂「TSUBAKI」などCMにも多数起用されている売れっ子モデル。。

『Domani』など、たくさんのファッション誌で活躍していました。

現在は、ファッション雑誌でモデルとして活躍中。
現在はインスタグラムで近況を発信しており、旦那・森本稀哲のショットも投稿。
主に子供たちとの日常を投稿しており、幸せそうな毎日を送っていることが窺えます

名前:悠美

本名:森本悠美

生年月日:1978年12月8日(42歳)

出身地:東京生まれの知多半田育ち(愛知県)

血液型:A型

身長:175cm

職業:モデル

資格:発酵マイスター

スリーサイズ:83-60-88cm

事務所:アガペー(AGAPE)

結婚式&結婚

2012年3月8日、2歳年上の女性でモデルの悠美との結婚を発表した森本稀哲。

結婚前は女性の影がほとんどなかったことから、ゲイ説も浮上していました。

本人も結婚の報告コメントで、「31年間の独身生活にピリオドを打ちました。最近はホモ説も流れていましたがそれを払拭させていただきます」と語りました。

日本ハムから横浜DNAに移籍してからは怪我などの影響もあって出場機会を失っていた。2人が結婚したのは正にそんな2012年3月の事でした。

結婚当時は横浜ベイスターズで現役選手だった森本稀哲は、「結婚を力に変えてグラウンドで精一杯プレーします」と意欲を語っています。

以前から交際はあったのであろうが、順調な時ではなく、苦しい時期に結婚したということに意味があると思うのだ。

子供は!娘と息子

子供が生まれた当時は、森本稀哲は西武ライオンズでプレーしていた時期でした。

稀哲さんと悠美さんの間には2014年に子供が一人生まれています。

悠美は「二日間促進剤を使いながら普通分娩を試みましたが…三日目に帝王切開での出産となりました」と明かし、「産声を聞いた時は感動で涙が止まらず、旦那が娘を抱っこしてる姿にまたまた感動しました。。。」と喜びを綴っている。

誕生したばかりの愛娘の写真を掲載し、今後について「家族三人仲良く頑張っていきたいと思います」としている。

2016年3月には第二子となる長男が誕生。家族が増えた喜びをインスタグラムに投稿し、母子ともに元気な姿を見せました。

嫁・悠美のインスタグラムには、子供たちとの楽しそうな様子が沢山公開されており、森本稀哲一家が幸せで充実した日々を過ごしていることが窺えます。

まとめ

子供の頃は苦労していますすが、相当幸せですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました