松坂大輔の現在・近況は!引退が近い?今2021?なぜ西武ライオンズで復活・復帰!

埼玉西武ライオンズ
この記事は約5分で読めます。

松坂大輔の現在・今は!近況?なぜ西武ライオンズで復活・復帰!ファンは復帰を望んでいた

松坂大輔が西武ライオンズで復帰・復活です。

18才で入団したチームが西武ライオンズです。松坂大輔が復帰・復活して西武のユニホームをみたいと考えているファンも多いと思います。中日ドラゴンズは退団しています。

背番号は16のようです。

松坂投手のコメント

「このたび14年ぶりに西武に復帰することになり大変うれしく思います。プロ野球選手としてのスタートであり育ててもらった所沢、そして西武ファンの皆さんの前で再び野球ができることをとても楽しみにしています。リーグ3連覇、日本一を目指すチームの力になれるよう努力していきたいと思います」

https://twitter.com/matometade/status/1192895081503588352?s=20

松坂大輔の現在・今は!近況?なぜ西武ライオンズで復活・復帰!ファンは復帰を望んでいた

松坂大輔のプロフィール

出身地 東京都江東区
生年月日 1980年9月13日
身長体重183 cm93 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト1位
初出場NPB / 1999年4月7日
年俸 8,000万円+出来高(2019年)
経歴 横浜高等学校→西武ライオンズ (1999 – 2006)→ボストン・レッドソッ

クス (2007 – 2012)→ニューヨーク・メッツ (2013 – 2014)→福岡ソフトバンクホークス (2015 – 2017)→中日ドラゴンズ (2018 – )

松坂大輔の現在・今は!近況?

昨年7月に手術を受けた松坂は、リハビリを兼ねてキャンプはB班スタートしています。

 別メニュー調整ながらも、軽めのキャッチボールや、下半身強化のために、ティー打撃に取り組んできた。

 本人のペースで調整を進めながら、実戦復帰を目指しています。

ただ、今年のキャンプは二軍スタートとなった。昨年7月に受けた脊椎内視鏡頸椎手術からの復帰に向けて順調とも言われていたが、調整が遅れているのは明白です。

開幕一軍、そして復活を目指す投手の気配は感じられない。

辻監督は、

「ここまでやってきた選手ですから、自分の身体のことは自分が一番わかるでしょうし、感覚的なものもあるでしょう。今年にかける気持ちは十分あると思う。焦らず、しっかり投げられる身体を作ってくれれば。期待しています」

キャンプ初日から軽くキャッチボールをするなど順調に見えた。

 埼玉・所沢から高知に移動した2月8日、ティー打撃をする姿が話題になった。しかし表立ってボールを握る姿はなかなか見られない。昨季は2月の練習試合やオープン戦で登板しており、コメント通り調整は遅れているようだ。

松坂大輔は引退か?カズに似ている

 波乱万丈の野球人生で“経験”という大きな財産を持つ。しかし選手としては厳しいと言わざるを得ないです。

 技術、フィジカル、マウンド上の感覚を取り戻さないといけない。在籍時の中日は優勝争いするチームではなく、状況を気にせず投げられた。しかし西武ではそうもいかないです。

 マウンド上での感覚が戻らなければ大事な局面を任せられない。優勝争いをする中、松坂の“経験”を戦力にしたければ、1日でも早い復帰と実戦登板を重ねることも必要となる。

カズ?

カズのベンチ入りの情報が出ただけで、チケット売り上げが大きく伸びます。

 グッズ販売などの人気もトップクラス。賛否両論が渦巻くがプロとしては、それも「あり」です。

しかし松坂が所属する西武は優勝が最終目標であり、登板機会を得るのも並大抵ではありません。

「カズと被る部分もある。フルの戦力としては難しいが、チームの雰囲気を一変できる。これまでの功績を考えると無下に扱うこともできない。本人が辞めると言うまでは、周囲が引退勧告などできない部分も似ている」

「コンディションを保っているところは、マウンドに立てない松坂と大きな違いではある。また横浜FCは優勝争いをするチームではない。降格争いなどがなければ、試合に出られる状況は整いやすい。営業部分でも役に立つからね」

松坂大輔は西武ライオンズで復帰!背番号は?

ファンは西武への復帰を望んでいた

SNSの書き込みを見ると、最後にプレーして欲しい球団で集中したのが「西武」でした。

下記のようなコメントがたくさんあります。

「松坂と言えば西武時代。一番ユニホームが似合う。引退する時も西武で終えてほしい」

「松坂さん西武に戻ってきて!今の西武だったら先発投手が全然いないし、強力打線が援護してくれるから5回3失点でも十分な戦力になる」

https://twitter.com/NekoSuke5_4/status/1180228062383751168?s=20

松井稼頭央も西武ライオンズで復帰

松井稼頭央は2017年11月16日、古巣・西武へ15年ぶりに復帰することが発表されてからは、テクニカルコーチを兼任することもあわせて発表されました。背番号は「7」も当時のままです。

これにはファンも大喜びで松井稼頭央のユニフォーム姿には涙を流す人までいました。

松坂にとって西武ライオンズとは?

西武は、98年のドラフト1位で指名され、プロ野球人生をスタートさせた球団です。

1年目から3年連続最多勝に輝くなど8年間で通算108勝を挙げ、人気、実力両面でチームを支えました。

06年オフにはポスティングシステム(入札制度)でRソックスに移籍。

球団はその際の入札金約60億円を利用して戦力補強や球場改修、ファンサービスの充実に取り組みました。

背番号は16

06年以来14年ぶり 古巣西武復帰、背番号16となるもようです。18ではないですね。

まとめ

高校時代に話題になった松坂投手が西武ライオンズに入団し1年目から活躍する姿には驚かされました。西武ライオンズで復活が一番の理想的な姿ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました