MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

万波アイシャ!万波中正の姉でモデル?身長や六朝は?まんなみ?インスタ

万波アイシャ!万波中正の姉でモデル?身長や六朝は?まんなみ?インスタ

万波 アイシャ(まんなみ アイシャ、1998年6月11日 – )は、日本のモデル。東京都練馬区出身。青山学院大学卒業。

万波アイシャ弟は万波中正で有名ですが、姉は陸上競技部でした。

おそらく同じく東練馬シニアに所属しています。

弟は陸上競技の東京都大会では、1年時に100メートル 障害決勝で2位、3年時に砲丸投5kgの部で優勝した(記録は14m85)。

万波アイシャは中学生時代の2012年には、ジュニアオリンピック陸上競技大会の砲丸投げ種目に東京都選手団の選手として出場しているもっとすごいですが後述します。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では万波アイシャプロフィール!万波中正の姉でモデルについてお伝えします?

万波中正のプロフィール

項目内容
登録名/本名万波 中正
ふりがなまんなみ ちゅうせい
生年月日2000年4月7日
年齢24歳
出身地東京都練馬区(岡山県備前市生まれ)
身長192cm
体重99kg
投打右投げ/右打ち
ポジション外野手、一塁手
プロ入り2018年 ドラフト4位
初出場2019年8月14日
年俸8000万円(2024年)
経歴横浜高-北海道日本ハム(2019年~)
代表歴日本代表(アジアプロ野球チャンピオンシップ2023 金メダル)

関連記事:万波中正はハーフ!父親の仕事と母親は有里子?名前の由来!岡山?両親!家族!彼女&結婚は?身長と体重は岡山!コンゴ

目次

万波アイシャのプロフィール!万波中正の姉でモデル?身長を調査

万波アイシャプロフィール!万波中正の姉でモデル?インスタ
姉は万波アイシャ

万波アイシャのプロフィール!

万波アイシャの プロフィール.万波 アイシャ(まんなみ アイシャ、1998年6月11日 – )は、日本のモデルです。

項目内容
名前万波 アイシャ(まんなみ アイシャ)
生年月日1998年6月11日
年齢25歳(2023年4月時点)
出身地東京都練馬区
身長172cm
職業モデル
学歴青山学院大学卒業
家族弟は北海道日本ハムファイターズの万波中正選手
SNSWantedly
経歴A Inc.に入社後、同社ツールのカスタマーサクセスのリーダーを務める

身長は?

万波中正選手の身長は192cm、姉の万波アイシャさんの身長は172cmといわれています。

万波中正選手の身長192cmは、プロ野球選手の中でもかなり高身長であり、姉のアイシャさんも172cmとモデルとして十分な高身長です。

兄弟の身長差は、192cm – 172cm = 20cmとなりますね

モテルやインスタを紹介

万波アイシャさんは、陸上競技で活躍する弟の万波中正選手と同様に、注目を集めている存在です。

青山学院大学を卒業後、モデルとしてのキャリアを本格的にスタートさせました。

大学在学中から、陸上競技に打ち込みながらもモデルの仕事をこなしていたアイシャさん。

抜群のプロポーションと美貌、そしてアスリートとしての素質を兼ね備えた彼女は、学生時代よりモデルとして頭角を現していました。

大学卒業後もモデルとしての活動を継続しているアイシャさんですが、特定のモデル事務所に所属しているという情報は見当たりません。

フリーランスとして、自身の魅力を存分に発揮しながら、ファッション業界で独自のスタイルを確立しているのでしょう。

インスタグラムでは、モデルとしての活動の様子を精力的に発信しています。

 ファッションやビューティーに関する情報だけでなく、プライベートな一面も垣間見えるアカウントには、多くのフォロワーが集まっているのがわかりますね。

万波アイシャのインスタです。aishamannami で行っています。

万波アイシャは陸上の選手

2歳上の実姉・万波アイシャ、陸上競技経験者です。家族は4人です。苗字はお母さんのものだと思いますが、万波という名前は、とても珍しいですね。

練馬区立開進第二小学校と考えられます。練馬区立開進第二中学校への進学後したものと思われます。

練馬区出身です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次