工藤公康が再婚?工藤 雅子が嫁!工藤阿須加が息子!娘も!若い頃脳梗塞!家族!ゴルファー!自宅!結婚

福岡ソフトバンクホークス
この記事は約4分で読めます。

工藤公康が再婚?工藤 雅子が嫁!工藤阿須加が息子!娘も!若い頃脳梗塞!家族!ゴルファー!自宅!結婚

西武ライオンズ・福岡ダイエーホークス・読売ジャイアンツ(巨人)の3球団で日本シリーズを制覇し、優勝請負人と呼ばれています。日本シリーズ通算最多奪三振(102奪三振)記録を保持。また最高勝率もNPB最多タイ記録となる4回獲得しています。

そんな好成績を残した工藤監督のプライベートに迫ってみました。

工藤公康が再婚?工藤 雅子が嫁!工藤阿須加が息子!娘も!若い頃脳梗塞!家族!ゴルファー!自宅!結婚

選手時代は14度のリーグ優勝、11度の日本一を経験しています。

出身地愛知県名古屋市昭和区(現:天白区)
生年月日1963年5月5日(58歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席左投左打
ポジション投手
プロ入り1981年 ドラフト6位
初出場1982年4月10日
最終出場2010年8月25日

家族の構成は?

まず工藤公康さんの子供に調査してみると、驚くことに男女合わせて5人も授かっていました。

工藤公康さんが授かった子供の構成は息子2人(阿須加さん・拓也さん)と、娘3人(遥加さん・阿弥香さん・阿偉さん)で少し珍しい漢字を使った名前になっています。

息子・ 工藤阿須加 は俳優

工藤阿須加さんは長男として1991年8月1日に生まれましたが、出身地は現在の実家がある横浜市ではなく当時在籍していた西武の本拠地・埼玉県所沢市になっています。

お父さんが工藤公康さんなのにも関わらず、一切野球をしてこなかった特殊な方です笑。

筆者が実の息子なら、絶対に野球やりたいですけどね。(野球のDNAがほしい。。。切実に。。。)

ただ、運動神経は親譲りであり、学生時代やっていたテニスはプロ級の腕前とのこと。

小さい頃からテニスに打ち込んでいてプロに行けるぐらいの腕前でしたが、高校時代に肩を故障したことによってテニスを諦めて俳優の道を目指すことになりました。

2012年の日本テレビ系ドラマ「理想の息子」で俳優デビューを果たし、2013年に放送されたNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演して注目の若手俳優として知られる存在になりました。

2014年4月から出演したTBS系ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」で投手の役を演じたことが縁となり、5月24日の西武対ヤクルト戦(西武ドーム)で始球式に参加していました。

【指にかかった剛速球!】俳優・工藤阿須加さんが始球式でパワーピッチ

娘・ 工藤遥加 はゴルファー

娘はプロゴルファーの工藤遥加さんです。

妹がその道を歩んでおられます。

お父さんの血筋は、娘さんが受け継いでいるという感じでしょうか笑。

ただ、プロゴルファーとして活躍中の工藤遥加さんですが、まだまだ発展途中の選手です。

まだ、安定して成績を出せていませんので、これからに期待ですね。

嫁・奥さんは?脳梗塞?再婚?

再婚が嘘ネタでした。。大切な奥さんがいます。

名前は雅子さんだそうです。

プロ8年目の26歳の時に、まだ若かった工藤公康監督は毎晩飲み歩いていたそうです。 年齢を重ねた頃の写真しかありませんでしたが、優しくてしっかりしたお母さんという印象ですね。 そんな優しくてしっかりした見た目の奥さんですが、中身も行動もしっかりされている方でした

むしろ、この奥さんがいなければ、工藤公康さんは野球エリートの道を歩くことも、素敵なお子さんに恵まれることもなかったでしょう。

というのも、現役時代、タバコにお酒、暴飲暴食を繰り返していた工藤公康さん。

その結果、肝臓が肋骨の間からはみ出すほどに腫れ、医師からこのままでは死ぬといわれるほどの肝数値だったそうです。しかし、命の危機に陥るほど飲むというのには驚きです。

医者からは「このままだと死ぬ」と言われ、野球を辞めようとしたこともあるようです。

そんなとき、献身的に支えてくれたのが、嫁の雅子さんでした。

栄養士の資格を活かして食事を作り、リハビリにも献身的に支えたそうです。

その原動力は「もう一度野球をやらせて、野球で喜ぶ夫の姿が見たい」という一心だったとのこと。

また、脳梗塞は否定されています。

まとめ

監督もやめて落ち着いた生活となりますね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました