カテゴリー

【巨人】小林誠司「小学校でバレンタインなし」理由?中高のモテエピソード

プロ野球aiのツイッターに小林誠司が取材に答えている様子が伝えられました。「小学校のときバレンタインは貰ったことがない」発言がありましたが、なぜモテなかったのでしょうか。

小林誠司とは?

モテないわけないやろ

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日
身長体重 178 cm 85kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

小林誠司「小学生時代はモテない」

これが問題のツイート。思わず「うせやろ」と言ってしまいました。

「小学生のとき、何個もらったとかってやつですよね。ぜんっぜんもらってないです!(笑) プロになってからはいただけるようになって、うれしいです!」

発売が楽しみ。

小学校は足が速いことがモテ条件

坂本勇人はなぜモテる?の記事で紹介しましたが、「モテる男の移り変わり図」では小学生は足が速い事がモテる条件。小林誠司は足が遅()

ん?小学校の時はリレーの選手でしかも速いって言ってますね!ほかに理由があるのかもしれません。

関西人はお笑いが重要?

小林誠司が生まれ育った大阪府堺市はコテコテの関西。お笑いもモテるためには重要な要素。確かに小林は笑かすような発言はありませんよね。

「小学生のときから、男子は成績やカオより、『笑かしてくれること』が最重要」

女子会で盛り上がる話題の一つは、「恋人の条件」。どんな男性が好みなのかを語り始めたら、朝までエンドレスに会話が続きます。ところが、最近、あることに気付きました。関東女子と関西女子では、好きな男性のタイプが微妙に違っているんです。 そこで、周囲の関東女子と関西女子それぞれに、カレシに求める基準を聞いてみました。これを読...

中学校のモテエピソード

2017年3月18日に放送された「せやねん!」では、中学校時代はモテていたとの証言が。

下埜昌志監督によると当時の小林は入部当時の身長は約150cm、あまりにもへたくそだったが努力家で、中学3年生の夏に引退しても練習していたという。(中略)当時の小林の同級生によると中学校での小林はクールでモテていた、実はゲーム好き、野球に関すると生真面目、など語った。

高校のモテエピソード

2017年3月21日で放送されたみんなのニュース では、広陵のチームメイトだった俳優(元お笑い芸人)の吉村卓也さんがこう証言していました。

「体育祭で小林君がリレーの選手で出るとなった時、黄色い声援が響いていました。他校の女子生徒も小林君目当てに見に来て応援していました。すごい努力家なんですけど努力をあまり人に見せない。ラッキーというか、努力で培ってきたものが今発揮されている感覚」

坂本勇人「チョコレート200個」

坂本もこう証言しています。

まとめ

お笑いの要素が重要とはいえ、足が速い()、イケメン、野球やっていると言うことで小学校でモテなかったというのはやはり信用できません。

モテている自覚がなかったか謙遜しているだけの気がします。

シェアする