菊池涼介のドラフトの評価?兄は啓介?父は康夫?実家!中学・高校時代?東大和市

ゲームができるようになりました。
菊池涼介のドラフトの評価?実家!中学・高校時代?東大和市菊池涼介
菊池涼介のドラフトの評価?実家!中学・高校時代?東大和市
この記事は約6分で読めます。

菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日- )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

ここでは菊池涼介選手がプロになるまでの過程を説明いたします。実家から中学時代高校時代・大学時代と説明して、ドラフトの評価を説明します。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では菊池涼介のドラフトの評価?実家!中学・高校時代?東大和市についてお伝えします。

関連記事:菊池涼介の年俸の推移?FA?巨人移籍?メジャー評価?守備率?守備位置?記録?エラーしない?

関連記事:菊池涼介の妻はJAL?嫁顔の画像?結婚してる!子供?家族!マンション!産婦人科!軽く付き合えるならお願いします

菊池涼介の実家東大和市?子供や中学時代!父は菊池康夫?兄は菊池 啓介

生年月日 1990年3月11日
身長 171 cm
体重 72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手、遊撃手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2012年6月30日

菊池涼介の実家は東京都東大和市です。東大和市(ひがしやまとし)は、東京都の多摩地域北部に位置する市です。

中学時代は地元の東大和リトルシニアでプレーしました。

菊池選手が15歳の時に東京都東村山市に移っており、菊池選手は地元の英雄・志村けん(しむら・けん)さんの大ファンです。

中学まで東大和市で暮らした後に、シニアの監督の勧めで長野県塩尻市にある武蔵工業大学第二高等学校へ進学しました。中学までしか東大和市にしかいなかったようです。

ただ中学時代に実家の近くの江藤選手の実家でサインをもらいにいったのは有名なはなしですよね。

菊池涼介の父は菊池康夫

菊池涼介のお父さんの菊池康夫さんは巨人の星の〝星一徹〟にの様な方らしいです。鈴木誠也の父もそうとききますけど、東京のお父さんって感じなのでしょうか。

小学校から帰ってきたら野球の練習を課され、練習が終わらないと遊びに行くことができませんでした。プロ野球選手の父ってとても子供に野球を教えていますよね。父は医師だったとの噂盛りあります。

今の時代はへったのかもしれませんけどね。

菊池涼介が束縛が嫌で、高校からは実家を飛び出したとも言われています。ただ、推薦はもらったのは事実なのですが、なぜ地元を離れたかは不明ですよね。菊池涼介は、武蔵工大二高の大輪監督の紹介で、特待がある中京学院大へ進学します

菊池涼介の兄は菊池 啓介?

お兄さんがいて、菊池啓介さんといいます。

内山田洋とクール・ファイブが歌う「東京砂漠」が好きだったそうです。兄さんの影響を受けて昭和が好きなようです。

職業などの情報がありませんが5歳年上であり、ぎりぎり昭和うまれかもしれませんね。

菊池涼介はタナキクマルの1989年世代、実際には1990年うまれですが、兄は1985年か1984年でしょうね。

菊池涼介のドラフトの評価!大学時代

2011年10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議で広島東洋カープから2巡目指名を受けて、契約金7000万円、年俸1000万円(金額は推定)で契約しました。

 指名の直後には、自身と同じ内野手出身で当時の一軍監督・野村謙二郎が現役時代に着用していた背番号「7」を希望していたが、背番号は「33」となりました。

中京学院大学時代

高校卒業後に、東海地区大学野球連盟岐阜学生リーグに所属する中京学院大学へ進学しました。

菊地だが、アマチュア時代は決して有名な選手だったわけではない。

高校時代には目立った実績はなく、大学は岐阜県学生野球リーグに所属する中京学院大へ進学します。

吉川尚輝(巨人)が在籍していた’16年に全日本大学野球選手権で初出場初優勝という快挙を果たしているが、全国大会の出場はこの1回だけであり、菊地が在籍していた当時は全国でも完全に無名のチームでした。

フットワークの良さには見るべきものはあったものの良くも悪くもプレーが軽く、全体的に雑な印象が残っている。

バッティングもタイムリーを含む2安打を放ったが、バットの無駄な動きが気になり、この時点では菊地がプロ入りするとは夢にも思わなかった。

日本代表合宿

そんな菊池を見直したのが2年後に行われた大学日本代表候補合宿のことでした。

メンバーには同学年では鈴木大地(楽天)、1学年下では白崎浩之(元オリックス)、高田知季(ソフトバンク)など中央球界では既に名をはせている選手が参加していたました。

その中でも菊池の守備のスピードはフットワーク、ハンドリングとも圧倒的に際立っていたのだです。

菊池は2年春のリーグ戦後にも日本代表候補合宿に参加しており、後にその時に高いレベルのプレーに触れたことが自身の意識向上に繋がったと語っています。

まさにその言葉を裏付けるようなプレーを実践していたのだ。一方でバッティングに関しては2年前と変わらずバットが大きく動く癖が気になり、その年のドラフトで2位指名された時は正直その順位の高さに驚いたが、圧倒的な守備力と大学での成長スピードを高く評価した広島スカウト陣の慧眼(けいがん)は見事という他ない。

中京学院大学時代はショート

菊池涼介は大学時代、ショートを守っていました。

アマチュア時代にショートを守っていた選手がセカンドにコンバートされるケースの理由の1つに、チーム事情があります。

菊池のケースで言えば、ショートを守らせることも可能でしたし、その能力も十分。とはいえ、ルーキーが、いきなりレギュラーにとって代わることは、簡単ではありません。

彼の入団時(2012年)の一軍ショートには梵英心という絶対的な存在がいました。当時は30歳を過ぎた脂の乗り切ったころで、長くそのポジションを守ってきたベテランをコンバートすることは考えづらい。

そこでショートに固定せずに、セカンドもサードも守らせ、内野ならどこでも守れるオールラウンダーという位置付けでスタートしました。

菊池涼介の高校時代

今やプロ球界を代表する二塁手と定評がある菊池だが、「高校時代は目立つ存在ではなかった。特別な指導もしていない」と大輪は言う。徹底して教えたのが、基本的な技術と野球に取り組む姿勢だった。

当時から球際に強かったため、高校時代のポジションは強い打球をさばく機会の多い三塁手だったが、春夏ともに全国大会へ出場できませんでした。

まとめ:菊池涼介のドラフトの評価?実家!中学・高校時代?東大和市

いかがでしたでしょうか。

菊池涼介のドラフトの評価?実家!中学・高校時代?東大和市についてお伝えしました。

中学高校とそこまで活躍はしていなかったのですが、ドラフトの評価があがったのは大学時代だったのですね。

菊池涼介選手はFAで巨人ファンで巨人に行くとも噂がありましたが、そこまで東京にたいして思い入れがないのかもしれませんね。

関連記事:菊池涼介の妻はJAL?嫁顔の画像?結婚してる!子供?家族!マンション!産婦人科!軽く付き合えるならお願いします

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました