山田和利の現在?妻・娘!山田裕貴の父!若い頃?プロ野球・現役時代!家族2022

山田和利の妻・娘!山田裕貴が息子で父!若い頃プロ野球・現役時代!家族広島カープ
山田和利の妻・娘!山田裕貴が息子で父!若い頃プロ野球・現役時代!家族
この記事は約4分で読めます。

山田 和利(やまだ かずとし、1965年6月3日 – )は、愛知県名古屋市中村区出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)、コーチ。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では山田和利の家族についておつたえします。妻!そして娘はもでる、息子は山田裕貴なんですよね!山田和利若い頃プロ野球・現役時代!についてもお伝えします。

  • 名前:山田和利(やまだ かずとし)
  • 生年月日:1965年6月3日(54歳)
  • 出身地:愛知県名古屋市中村区
  • 出身校:東邦高校
  • 身長/体重:178cm / 82kg
  • 家族:妻、娘、息子
  • 投球・打席:右投右打
  • ポジション:内野手
  • プロ入り:1983年(ドラフト4位)
  • 最終出場: 1995年8月26日

プロ野球・広島東洋カープ二軍内野守備走塁コーチの山田和利です

山田和利の家族構成!妻・奥さん・子供!息子・娘

山田和利の妻は?

山田和利は4人家族です。山田和利の妻は一般次ということなので情報がほとんどありませんでした。ただ、家族の構成はわかりましたのでお伝えします。

夫人との間に一男一女がおり、長男は俳優の山田裕貴、長女はフリーランスモデルの山田麻生です。

親子仲が良く、息子の裕貴が出演するテレビ番組はチェックしているという

本人:山田和利さん(56歳)
妻:山田??さん
息子:山田裕貴さん(31歳)
娘:山田麻生さん(28歳)

山田和利は娘は山田麻生はモデル

職業はフリーランスのモデルとのことです。

出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1993年3月8日(28歳)
身長:約173㎝

ヨシラバー
ヨシラバー

娘さんはドキュメンタリー番組『情熱大陸』に出演していたことが判明しています。

2021年5月7日放送の「A-studio」に息子の山田裕貴さんが出演された際、VTR出演されていました。モデルのお仕事は、主にアクセサリーや洋服の作家さんから依頼を受けているとのことです

麻生さんは27歳。年齢だけ見ると「ちょっとやめた方がいいんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、美男美女ならありかも。

山田和利の息子が山田裕貴の父

俳優の山田裕貴は、山田和利の長男なんです。目元の切れ長具合が似ていますね!

本名 山田裕貴
生年月日 1990年9月18日(31歳)
出身地 日本の旗 日本・愛知県名古屋市
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
活動期間 2010年 –

右投げ左打ち。最速142km/h。2018年8月10日にナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ戦の始球式では、父がドラゴンズ現役時代に着けていた背番号30のユニフォームを着て登板しました。

少年時代には、父の姿に憧れて野球を始め、小学3年から中学3年までは硬式野球の強豪チームに所属していました。中学で野球から離れてしまったそうです。

「プロ野球選手の息子って言われるのもプレッシャーで、僕が父を追いかけているのか、ちゃんと自分の人生を生きているのかわからなくて。何のために野球をやり始めたんだっけって悩み始めたら、全然頑張れなくなっちゃって」

山田和利の若い頃現役時代!プロ野球での活躍

東邦高から、1983年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから4位指名を受け入団しました。

レギュラーには定着できなかったものの、1988年には立浪和義の控えではあるが、主に遊撃手として起用され82試合に出場しました。

1991年、長嶋清幸とのトレードで音重鎮と共に広島東洋カープに移籍します。1992年には、5月から三塁手、一塁手として起用され、8月には故障欠場の正田耕三に代わり二塁手、二番打者に定着する。同年は82試合に先発出場を果たします。

1996年に中日で星野仙一が監督に復帰すると、若林隆信とのトレードで再び音重鎮とともに中日に復帰したが、故障によりその年限りで引退した。

若い頃現役時代の成績

  • 打率.262
  • 本塁打22
  • 打点102
  • 盗塁21
  • 試合366
  • 安打227

山田和利の特徴は、強打の内野手でした。

盗塁成功率は低めだけど、盗塁には果敢に挑んでいたようであり、俊足の持ち主だったんです。

高校の野球部では主将をつとめていて、100mを11秒台の記録を残しています。

また三振も多い割には、出塁数は高かったので、内野手としてはいい選手だったと想像できます。

ただ、現役時代は中日ドラゴンズには内野手が充実していたため、なかなか一軍定着が難しく
悩んでいた時期があったようです。

中日から広島へ移籍した後も、広島カープには野村謙二郎や三塁手に江藤智がいたため、
移籍後すぐは6試合しか出場できない状況でした。

野村、江藤、前田、正田、川口、大野、達川などこの時代は広島カープの第2の黄金期と
言っても過言でないほどのいい選手が揃っていましたね。

まとめ

いかがでしたか。

山田和利の妻・娘!山田裕貴が息子で父!若い頃プロ野球・現役時代!家族についてお伝えしました。

息子が売れっ子俳優ってすごいですよね。野球はやめてしまったのは残念です。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました