MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【川崎宗則の嫁】画像?年齢?自宅福岡?ムネリン嫁?結婚?離婚?家族?実家?奥さん年齢を調査

【川崎宗則の嫁】ムネリンと嫁の結婚?画像

川﨑宗則は、ユーモア溢れるキャラクターで知られる元プロ野球選手です 。解説者、YouTuberとしても活躍しています

川﨑宗則の奥さん嫁については一般の方であると言われていますが、元グラビアアイドルだった噂も 離婚の噂や、原田麻衣さんとの関係も噂にあります。

川﨑宗則は鹿児島県姶良市出身であり、家族思いの温かい家庭を築いていると考えられる

自宅の詳細は公表されていませんが、家族を大切にする川﨑宗則らしい居心地の良い家庭を築いていると思われます

今回の記事では川﨑宗則の嫁や自宅についてお伝えします。。

項目内容
生年月日1981年6月3日
年齢42歳
出身地鹿児島県姶良市
身長180cm
体重75kg
投打右投左打
ポジション遊撃手、二塁手、三塁手
プロ入り1999年 ドラフト4位
所属チーム福岡ダイエーホークス、福岡ソフトバンクホークス(2000 – 2011)、シアトル・マリナーズ(2012)、トロント・ブルージェイズ(2013 – 2015)、シカゴ・カブス(2016)、福岡ソフトバンクホークス(2017)、味全ドラゴンズ(2019)、栃木ゴールデンブレーブス(2020、2021 – 現在)
主な実績平成唯一の三冠王を達成した松中信彦と同数の最多安打(171本)、盗塁王(42個)、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得
目次

【川崎宗則の嫁】ムネリンと嫁の結婚?画像

【川崎宗則の嫁】ムネリンと嫁の結婚?画像

ムネリンの嫁は?

突然引退発表しネット上でも心配の声が多かった川崎宗則さんです。

2011年に一般女性と結婚しており、苦境を支えてくれるパートナーは存在していることになります。

結婚相手が一般人ということもあり、妻の詳しい情報などは現在も非公開を貫いています。

2014年に出演したスポーツドキュメンタリー番組「アスリートの魂」をきっかけに、

川崎宗則の妻は元グラドルの原田麻衣との噂があったがデマ?

川崎宗則の妻は元グラドルの原田麻衣との噂があったがデマ?
項目内容
生年月日1983年1月14日
現年齢41歳
出身地日本・埼玉県
血液型B型
身長160 cm
体重非公開
スリーサイズ (2007年時点)85 – 59 – 86 cm
カップサイズ (2007年時点)E

「川崎宗則の妻は元グラドルの原田麻衣ではないか?」という説があり、ネット上で急浮上し、一時期は定説化しておりました。

「アスリートの魂」での家族団欒のシーンに登場した川崎さんの妻が、原田さんに良く似ていたために発生した噂にしかすぎません。

埼玉生まれの兵庫育ちという経歴の原田麻衣さんに対して、川崎宗則さんの妻は福岡県出身あることが、川崎さんの結婚会見でのコメントで確認されています。

つまりは、川崎さんの妻と原田さんはたまたま良く似ていただけの他人という、嘘の話だったようですね。

川崎宗則の自宅や実家を調査

自宅は福岡?

ヨシラバー
ヨシラバー

独立リーグで栃木にいったためでしょうか。家探しのYoutubeがございました。場所は栃木で探していました。

もしかしたら単身赴任をしているかもしれません。家族は福岡に住んでいる可能性あります。川崎宗則と嫁も福岡に住んでいると言われています。

高校時代は鹿児島工業の自宅・実家

ヨシラバー
ヨシラバー

実家は鹿児島県姶良市出身です。高校時代は自宅で練習をしていたようです。

姶良市は、鹿児島県中央部に位置する人口約7万7000人の市です。鹿児島湾の奥側に位置します。鹿児島市のベッドタウンとして発展しています。

2月23日付南日本新聞【川崎宗則④】鹿児島工業高校時代は自宅での素振りを欠かすことはなかった。「両親や高校時代の監督はプロへの夢を尊重し、見守ってくれた。何をしたらいいかを自発的に考えることができるようになったことがよかった」と振り返る。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次