石川昂弥の高校時代の成績?甲子園?ドラフトの評価!

ゲームができるようになりました。
石川昂弥
この記事は約4分で読めます。

石川 昂弥(いしかわ たかや、2001年6月22日 – )は、愛知県半田市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

中日ドラゴンズからドラフト1位《2019》で入団した、世代No. 1スラッガー・石川昂弥(東邦高校出身)です。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では石川昂弥の高校時代の成績?ドラフトの評価!甲子園?についてお伝えします。

3球団競合の末に2019年ドラフト1位で入団した右の大砲候補は今季、怪我の影響もあって1軍出場なしでした。

石川昂弥の「現在?ドラフトの評価!彼女や結婚は?家族の構成!実家!幼少期両親!父母と弟?怪我は?リハビリ!2021」についてお伝えします。

国籍 日本
出身地 愛知県半田市
生年月日 2001年6月22日(20歳)
身長
体重 185 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年7月12日
年俸 1,275万円(2021年)

中村紀洋打撃コーチから指導を受けいています。

現役通算404発のスラッガーによる個人レッスンに心酔しています。下半身に意識を置く打撃スタイルから、手8割下半身2割へ大転換した。

フリー打撃では白球をピンポン球のように飛ばし36スイングで7発。左翼防球ネット越えの場外弾も放っています。

 「今まで教えてもらったことがなかったので新鮮です。意識するのは下半身ではなく手。ビックリしました。やってみると、飛距離も出ました。続けていきます」

石川昂弥の高校時代の成績?ドラフトの評価は!東邦?甲子園?

中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受けました。
強肩強打で高い打撃力が魅力の三塁手です。

亀崎中では愛知知多ボーイズに在籍し、NOMOジャパンで米国遠征を経験します。

東邦高校時代の評価・成績は?甲子園?

落合博満

石川は今春のセンバツ大会において、エースで4番、そして主将という大役を担いながら、東邦高を優勝に導く大活躍を見せました。

東邦高では1年春からベンチ入りし、2年春のセンバツ(三塁手)は初戦敗退。 同秋は主将、エース兼三番で東海大会優勝。 3年春のセンバツではエースとしてチームを優勝に導いたています。

 高校通産55本塁打。それも引っ張り専門ではなく、センターそしてライトへも広角に打てるバッティングは高校球界ナンバーワンの呼び声が上がっていた。

打者としては高校通算55本塁打の長打力が武器で、走塁速度は50メートル6秒3。

守備では遠投115メートルで、大柄ながらも俊敏でスローイング精度も高い三塁守備が評価されている。

また、投手としても最高球速144 km/hを記録する強肩を持つ。

ドラフトの評価は鈴木誠也?

鈴木誠也タイプですかね。

プロ入りしたことを想定すると、打撃型の内野手という感じですね。
プロでも強打者として期待できそうな選手です。


一塁・三塁・左翼など打撃型ポジションで首位打者・本塁打王を狙っています

ドラフトの評価の高さは落合博満のような三冠王を目指せる

石川落合博満
石川落合博満

shi人王を取って、一年目からレギュラーを取る”3冠王を将来の目標に掲げており、落合博満氏の動画をチェックするなどプロの自覚は十分だ。

“新人王を取って、一年目からレギュラーを取る”3冠王を将来の目標に掲げており、落合博満氏の動画をチェックするなどプロの自覚は十分だ。

プロに入っての目標がとてつもなくデカく、そして目指す選手も大物でした。

“(プロに入ったら)三冠王を取れる打者になりたい。三冠王を3度獲得した落合博満さんのようなバッティングがしたい”

目標はでっかく“三冠王”です。

めざせ落合博満、追い越せ落合博満です。

さすが超高校級スラッガーである。“新人王を取って、一年目からレギュラーを取る”3冠王を将来の目標に掲げており、落合博満氏の動画をチェックするなどプロの自覚は十分だ。プロに入っての目標がとてつもなくデカく、そして目指す選手も大物でした.

(プロに入ったら)三冠王を取れる打者になりたい。三冠王を3度獲得した落合博満さんのようなバッティングがしたい”目標はでっかく“三冠王”です。さすが超高校級スラッガーである。

まとめ

将来的には日本を代表する打者として、タイトルを獲得できる活躍を期待したいところですね。

関連記事:石川瑛貴(てるき)?石川昂弥の弟!東邦高校

関連記事:石川昂弥の彼女?父親?姉?母?家族!実家!たかや

 

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました