亀井善行の嫁!結婚!子供?自宅!娘!家族!愛人は原辰徳監督!性格がよい!人気理由!隙あらば亀井

巨人
この記事は約4分で読めます。

亀井善行の嫁・奥さん!結婚!子供?娘!自宅!家族!愛人は原監督!性格がよい!人気理由!隙あらば亀井

巨人軍のベテランの亀井善行(亀井義行)の人気がすさまじいですね。月刊ジャイアンツでは次号の付録に「亀井善行クリアファイル」がつくらしいですね。ファンや原辰徳前監督がこよなく愛する男は何が魅力なのでしょうか。実力はもちろん性格や体型も魅力という事がわかってきました。

亀井善行の嫁・奥さん!結婚!子供は?自宅!家族!愛人は原監督!ファンに愛され性格がよい!

出身地 奈良県大和郡山市
生年月日 1982年7月28日
身長
体重 178 cm
82 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2004年 ドラフト4巡目
初出場 2005年7月9日
年俸 5,000万円(2017年)

ファンに愛された人気理由

勝負強さ

2017年のセパ交流戦にて13連敗となったジャイアンツ。交流戦最終日の対ロッテ戦で亀井はスリーランホームランを放ちます。ヒーローインタビューでは亀井さんは思わず男泣き。さまぁ〜ずの番組でファンが選ぶ名シーンで1位を飾りました。

「最後打てなかったら命を取られると思って…それぐらいの気持ちで行きました」と絞り出した。「チャンスをつぶしていたので負けたら全部僕の責任と思っていた。神様がいてくれた」と笑った。

巨人亀井涙のサヨナラ弾、敬遠敬遠敬遠に怒り爆発 - 野球 : 日刊スポーツ
亀が男になった、そして号泣した-。巨人亀井善行外野手(34)が今季1号となるサヨナラ3ランで、敗れれば球団史上初の交流戦最下位の窮地を救った。1点差に迫った延… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

体型

亀井選手はかつてイチローも絶賛したほどの身体能力の持ち主。その中でもファンのハートを鷲掴みしているのがこのお尻!!!!セクシーすぎて放送禁止になるのでは?と話題になりますね。

亀井善行の性格は後輩思い

初安打に大喜び

2018年6月22日に和田恋は一軍に昇格。その日初ヒットを放ちます。その時のベンチの亀井さんが可愛すぎると話題になりました。

奈良と大学の絆

2018年5月31日鍬原拓也初登板の日に彼は失点させてしまいます。落ち込む鍬原ですが、亀井は拍手で迎えいれます。中央大学&奈良県の後輩を励ます姿は全ファンが泣きました。

亀井善行の性格!人柄はファンサービス

亀井善行はとにかくファンサービスが良いと評判ですね。関西人の血が騒ぐのでしょうか。

奥様・嫁とは大学時代から

巨人はアナウンサーと結婚するケースが多い中、なんと亀井は「プロじゃない時から知っているから」と大学時代から付き合っていた女性と結婚します。大学時代に亀井さんが一目ぼれして猛アタックして交際に発展したらしいです。

奥さんはどのような人

嫁の愛さんは東京都荒川区の建設業をしている中村芳美さんの長女でお仕事はペットトリマーをされています。

プロポーズは?

プロポーズらしい言葉はなかったのかもしれません。

亀井選手は入団1年目のオフに早々と結婚されています。

女性記者から「これから女子アナやタレントと出会いがあるのに結婚早くないですか?」との質問に「今後チヤホヤされてもそれは巨人の選手だから。大学時代のなんでもない自分を愛してくれた人を大事にします」と答え、亀井選手の一途な性格が話題となりました。

これはかっこよすぎですよね。

子供・娘にはデレデレ

長男と長女の2人がいますが、長男には「しつけをちゃんとしたいっすね」対して長女には「女の子には怒りづらいっすね。男の子にはなんぼでも言っていいですけど。最終的にはモノでつる」と言っています。

また家族で焼肉に行った際に本当は違う肉を食べたいのに「子供たちが好きな薄切りの牛タンを延々と食べさせられる」そうです。

亀井善行選手は「男の子は叱るけれど、女の子はやっぱり叱りにくい。最後はもので釣るしかない」と語っています。

愛人は原監督!隙あらば亀井

読売ジャイアンツ監督・原辰徳が二期目以降、事あるごとに亀井善行(義行)を重用していた様を表す言葉。「隙亀」と略される。
「隙あらば○○」の原型となった。

2011年~2013年も打撃は低調なまま推移しているにも関わらず、内野手(それまでの一塁に加え二・三塁)への挑戦、外野の守備固め、代走、二死無走者からの代打など、ありとあらゆる場面で原に起用され続けた。結果、さらなるヘイトを溜め「原が亀井を出場させる状況をわざわざ構築している」という疑念を抱いた巨人ファンの間で、この言葉が生まれた。

その後も2018年に一人完全試合達成時をやらかしたりもしたが、現役最終年となった2021年は低調な成績にも関わらず外野手でのスタメンまたは重要な場面での代打として重宝され、日本ハムから移籍してきて全く結果を残せなかった中田翔らと共に風当たりが強くなり再びこの言葉が用いられました

まとめ

亀井のエピソードは随時追加していきます!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました