【西武】菊池雄星のメジャー移籍先は?ポスティングで松坂超えへ!

へこんにちは、ヨシラバーです。

菊池 雄星が念願のメジャーへポスティングで移籍しそうですね。

チームとしては、どこになるのでしょうか。ヤンキースに入団するかもとの報道があったりしますね。

移籍金も松坂大輔を超えるのではないかといわれています。

菊池 雄星のプロフィールは?

出身地 岩手県盛岡市
生年月日 1991年6月17日(27歳)
身長184 cm
体重 100 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2011年6月12日

菊池 雄星のNPBでの通算成績は?

73勝46敗で防御率2.77です。2017年に最多勝と最優秀防御率をかくt



2011414.14
2012433.10
2013941.92
20145113.54
20159102.84
20161272.58
20171661.97
20181443.08
NPB:8年73462.77

ドラフト前からメジャーリーグ進出を考えており、悩んだすえに日本を選んだ

ドラフト会議前にはメジャーリーグ球団からも注目され、元々の志望もありメジャーリーグ挑戦も考えいました。

国内12球団に加え、メジャーとも面談しました。

結果として、「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しないと思いました。日本の方全員に認められてから、世界でプレーしたいと思いました」として日本のプロ野球でプレーすることを表明しました。

菊池 雄星はプロでしっかりと活躍を残しメジャーのスカウトの声は?

メジャー関係者の声は下記の通り、評価が高い。特に左腕で155キロの評価は珍しいとのことですね。

「MLB関係者は、菊池が2019年シーズンにMLBにいられるよう期待している。大谷はマウンドに立たないかもしれないが、菊池は(大谷に次ぐ)日本人投手で第2の至宝と考えられる」

「96マイル(約155キロ)に達する球速は左腕では珍しく、複数の球団スカウトが、万全なら先発2番手の実力に匹敵するとみている」

「菊池の練習や試合へ取り組む姿勢は一流だと声をそろえていた」

こんにちは、ヨシラバーです。 菊池 雄星を日本でプレイする姿を見れるのもあと少しでしょう。来年度は西武ライオンズもポスティングによるメジャーを認めています。 それでも、菊池雄星は高校卒業時のドラフトで騒がれるものの日本での活躍には時間がかかりました。 日本での活躍や西武での成績を振り返りをしてみましょうか。 菊池 雄星...

菊池 雄星の移籍チームはヤンキース?田中将大と同じチームか?

メジャーでは左投手の30歳以下として評価が高いですね。

「投手の市場は人材豊富、特に左投手がいい。しかし30歳以下の良い投手となると、そうはいない。限られている

シーズン中から全30球団が視察しています。

 来季、10年ぶりの世界一を目指すヤンキースの地元メディア「NJ・com」は、FAで移籍が濃厚な左腕サバシアの後釜にあたるローテーションの4番手として、獲得候補に挙げているようです。

菊池 雄星の契約金は松坂大輔を超える年額!

松坂大輔投手の6年、年俸総額5200万ドル(当時約60億8400万円)を超える契約が見込まれる左腕に「プレミアム」「パーフェクト」などと景気のいい言葉が続いた。

なぜここまで高騰したのかというと、若さと左腕のようですね。

松坂(現中日)の契約(6年5200万ドル)を年数、金額ともに超える契約が米球界では予想されており、7年6100万ドル(約67億1000万円)以上での争奪戦となりそうだ。

「左腕はメジャーではプレミアム。FA市場で最も若く、最も速い球速を持つ投手の1人だろう。需要は高い」

まとめ

メジャーで最も注目を浴びるチームであるヤンキースに田中将大とともに菊池が先発ローテーションに入ることがあればすごいことですよね。

右の田中、左の菊池として期待したいものです。