吉田輝星の現在?なぜ引退理由!球速落ちた?評価?今後!今後は斎藤佑樹?

日ハム
この記事は約6分で読めます。

吉田 輝星(よしだ こうせい、2001年1月12日 – )は、秋田県潟上市(文献によっては秋田市[3])出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズ所属。

甲子園第100回大会ナンバーワン投手の呼び声が高い金足農・吉田輝星投手の紹介です。日ハムに入団しましたが現在は何をしているのでしょうか。

得意玉はストレートであり、漫画見たいといわれています。日ハムに進みましたが現在・今は何をしているのでしょう

かきについてお伝えします。

現在や今の実力・評価!球速さがった?

なぜ不調怪我?今の実力は?引退

髪型は?襟足を切る!茶髪!美容院

関連記事:吉田輝星の彼女や結婚?インスタ画像?永野芽郁!愛車!イケメンな髪型?ツイッター

日ハム・吉田輝星(よしだ こうせい)の現在?なぜ引退理由!球速落ちた?評価?今後!今後は斎藤佑樹の評価?

名前:吉田輝星(よしだ こうせい)
生年月日:2001年1月12日
出身:秋田県潟上市
身長:175cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、弟
経歴:潟上市立天王小学校→潟上市立天王中学校→金足農業高

 

吉田輝星(よしだ こうせい)の現在は日ハム

 高卒で即プロ入りか、大学を経由してプロを目指すのか。

 吉田はこの日、注目の進路について、「時間がなくて話し合いができなかった。両親としっかり話し合いたい。後悔しない道を選びたい」と明言を避けています。

左腰、左肩が開かず、踏み出した左足にしっかり右腕が巻き付いてくる。下半身から得たパワーが一塁側や三塁側に力が逃げるのではなく捕手のミットに一直線に体全体が向かうイメージだそうです。

 

「いきなり甲子園に行って、準優勝できて周りから見られる目も変わって、『プロ並みの球だ』って言ってもらえたのが嬉しくて、初めてプロを志望したいと思いました」と話した。吉田の甲子園での総投球数は881球。

と明言している。

将来プロを聞かれ「(現時点で)全く考えていない」と前置きした上で「いずれプロ野球選手になって活躍したい」と言った。

好きなチームを問われ「巨人が好きです」。行きたいか聞かれ「行きたいです」

結果として、2018年10月25日のドラフト会議では1巡目で根尾昂を抽選で外した北海道日本ハムファイターズが再指名で交渉権を獲得しました。

 11月15日に契約金1億円・年俸1000万円(いずれも金額は推定)で入団に合意しています。

 背番号は18です。入団当初は吉田侑樹が在籍していたため、スコアボード及び報道上の表記は「吉田輝」となっていた。

吉田輝星の現在や今の実力・評価!球速落ちたが引退理由になる?

吉田輝星は引退してしまう?

ルーキーイヤーは一軍で4試合に先発し、1勝3敗・防御率12.27という成績であった。オフに30万円増となる推定年俸1030万円で契約を更改しました。

2年目は開幕も6月に延期された。開幕から二軍調整が続いたものの、決め球のフォークボールに磨きをかけ、イースタン・リーグでは42回2/3を投げて51三振を奪うなど結果を残し、9月11日の楽天戦でシーズン初登板初先発しました。5試合の先発登板で0勝2敗・防御率8.41を記録し、オフに現状維持となる推定年俸1030万円で契約を更改しました。

3年目はその後は二軍戦で試合序盤、長いときには4イニングまで「オール直球」という制約を課され、徹底的にストレートを磨きました。

 「オール直球」に取り組み始めた頃は相手打者にストレートを狙われ苦労していたが、力感や制球などストレートだけで抑えるコツを徐々に掴み、8月はイースタン・リーグで3試合に先発し、3勝・防御率2.84という成績で8月度のファーム月間MVPを受賞しました。ただ、一軍登板は1試合でした。

2022年は5月18日のオリックス戦では1071日ぶりの白星を初の救援勝利で飾るなど活躍は見せていました。ただ、セットアッパーとして起用されリリーフへ配置転換となっています。

確実に成長してしまいますが、まだ成長していませんなぜでしょうか。球速が落ちたとの声があります。

プレイスタイルは? 実力・評価・球速さがった

投球フォームはオーバースローです。ビのあるストレートが武器であり、高校時代にストレートの最速は152km/hを計測しています。スライダー、カーブ、スプリットなどの変化球を持っていました。

甲子園で投げていたときに比べて球速が落ち、最速は140km半ばです。フォームを改造するなど、試行錯誤を続けている状態ですプロ入り後の最速は152km/hです。

ノビのある綺麗な回転のストレートは、2022年4月8日の楽天戦の様子を伝えた「パーソル パリーグTV」の動画のコメント欄で、藤川球児を彷彿とさせるようだと評されました。

なぜ不調怪我?今の実力は?引退理由?

不調の原因のひとつは、やはり甲子園での登板過多により、股関節を痛めたことでしょう

痛み自体はすでにとれたようですが、足を突っ張るくせがついてしまったことで、体重が前に乗らず、ボールが走らない。

「上で先発するには、まだまだ時間がかかるでしょう」

実測では、146キロくらい。球速だけでいったら、そんなに変わらないんですけど、今までのピッチャーとはボールの伸びが違うようです。

150キロ投げるピッチャーよりボールの伸びがあり、とても早くみえるようです。

第2の斎藤佑樹?

吉田輝星投手が背負う日本ハムの背番号『18』は、アマチュア野球界のスーパースターであり、甲子園でも活躍していた斎藤佑樹投手がかつてつけていた背番号です。俗にいうエース番号ですよね。

吉田輝星投手のように高校から直接プロ入りはせずに六大学野球の早稲田大学に進みましたが、キャラとしては似ているところがあります。

なんとなく、吉田輝星と斎藤佑樹を重ねてみている人もいるのではないのでしっょうか。

吉田輝星投手は根尾昂選手(中日ドラゴンズ)の抽選をクジで外した日本ハムが、再入札で指名した『ハズレ1位』での獲得となりました。

『甲子園のスター』『日本ハムのドラフト1位』『背番号18』という共通点があり、一部メディアから吉田輝星投手は、第2の斎藤佑樹と言われています。

ただ、斎藤佑樹は高校でも大学でも結果を出しているし、複数の球団が競合したので過大評価とは言えないと思います。ただ、大学時代に肩を壊したのが大きな要因にもなっているかもしれません。

吉田輝星と清宮幸太郎は、まだ若いので評価を出すのはまだまだですね。落合と桑田が認めているので資質はいいのでしょう。顔もなんとなくにていますよね。

まとめ:

いかがでしたでしょうか。

吉田輝星の現在?なぜ引退理由!球速落ちた?評価?今後!今後は斎藤佑樹の評価?についておつたえしました。

素材はすごいです。甲子園での疲れもいやし、フォームも変更でプロで活躍するでしょう。

 

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました