吉田輝星の現在・今は?なぜフォームを変更した理由?実力・評価・球速さがった?引退?父は吉田正樹!近況!

日本ハムファイターズ
この記事は約5分で読めます。

吉田輝星の現在・今は?なぜフォームを変更した理由?なぜ実力・球速さがった?引退?父は吉田正樹!プロ入りは反対されたの?近況!よしだ こうせい

甲子園第100回大会ナンバーワン投手の呼び声が高い金足農・吉田輝星投手の紹介です。

得意玉はストレートであり、漫画見たいといわれています。日ハムに進みましたが現在・今は何をしているのでしょうか

父は?

吉田輝星(よしだ こうせい)の現在・今は?なぜフォームを変更した理由?なぜ実力・評価・球速さがった?引退?父は吉田正樹!プロ入りは反対されたの? プレイスタイルは? 近況

名前:吉田輝星(よしだ こうせい)
生年月日:2001年1月12日
出身:秋田県潟上市
身長:175cm
体重:82kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親、弟
経歴:潟上市立天王小学校→潟上市立天王中学校→金足農業高

 高卒で即プロ入りか、大学を経由してプロを目指すのか。

 吉田はこの日、注目の進路について、「時間がなくて話し合いができなかった。両親としっかり話し合いたい。後悔しない道を選びたい」と明言を避けています。

左腰、左肩が開かず、踏み出した左足にしっかり右腕が巻き付いてくる。下半身から得たパワーが一塁側や三塁側に力が逃げるのではなく捕手のミットに一直線に体全体が向かうイメージだそうです。

「いきなり甲子園に行って、準優勝できて周りから見られる目も変わって、『プロ並みの球だ』って言ってもらえたのが嬉しくて、初めてプロを志望したいと思いました」と話した。吉田の甲子園での総投球数は881球。

と明言している。

吉田はこのようにコメント

将来プロを聞かれ「(現時点で)全く考えていない」と前置きした上で「いずれプロ野球選手になって活躍したい」と言った。

好きなチームを問われ「巨人が好きです」。行きたいか聞かれ「行きたいです」

プレイスタイルは? 実力・評価・球速さがった

最速150km/hのストレートを投げ変化球は、スライダー、カーブ、スプリットを放ります。

実測では、146キロくらい。球速だけでいったら、そんなに変わらないんですけど、今までのピッチャーとはボールの伸びが違うようです。

150キロ投げるピッチャーよりボールの伸びがあり、とても早くみえるようです。

父は吉田正樹!プロ入りは反対

野球部OBで、投手だった父・正樹さんの背中を追って、金足農業高校に進学しています。
正樹さんは、シドニー五輪柔道金メダリスト・井上康生氏にひかれ、「輝星(こうせい)」と命名したそうです。

2018年に報道された時の年齢は42歳でしたが、2018年11月時点で43歳ということが判明したので、生まれは1975年度ということになります。

まだまだ働き盛りのご年齢です。

吉田選手は、1月で18歳を迎えますから、正樹さんが25歳の時の子供ということですね。

気になる職業ですが、会社員ということだけが公表されています。

正樹は、2年連続で決勝に進みましたが、負けてしまい、甲子園にはいけませんでした。

だが3年で甲子園にいくことになり、父は下記のように喜びをコメントしています。

「(私の)夢をかなえてくれた。本当にうれしい。本人はもっと高ぶっていると思っていたけど、リラックスしていたので安心して見ていられた」

また、正樹さんは金足農業の父母会長を務めていたということなので、仕事も息子の応援も両立したできた父親だということが窺えます。

プロ入りは反対された。

「父親は色んなリスクを考えて話してくれるんですけど、失敗するつもりでの話ばかりだったので『どこの世界でも失敗するんだったらそんなこと言っていたら決められないじゃん』と言ってしまいました」。

そして「何でプロ野球選手になるのかという理由を答えられなかったので『そういうところをしっかり考えなさい』と言われました」と語った。

 しかし吉田の気持ちは固まっていた。プロへの気持ちを「失敗する時のことを話しているけど自分は絶対に成功するために頑張る」と父親に伝えたという

その発言には「練習すれば必ず実力が付いてくることを今年にかけて凄く実感できました。だからそれ以上の努力をして今以上の場所にいけば絶対に成功できる」という理由があった。

吉田輝星の現在・今は?なぜフォームを変更した理由?

ルーキー

「甲子園で投げていたときに比べて球速が落ち、最速は140km半ば。フォームを改造するなど、試行錯誤を続けている状態です。

不調の原因のひとつは、やはり甲子園での登板過多により、股関節を痛めたことでしょう

痛み自体はすでにとれたようですが、足を突っ張るくせがついてしまったことで、体重が前に乗らず、ボールが走らない。上で先発するには、まだまだ時間がかかるでしょう」

現在は

「納得したボールがいったときは絶対にぶっ飛ばされることはない」。

前半戦は主に二軍生活が続いたが、自慢の直球の質、球威、スピードに関しては着実に自信を積み上げていています。

3年前の夏、聖地を沸かせた右腕は誰にも負けないストレートを今も追い求め続けているようです。

2018年夏の甲子園では、仲間と一緒に巻き起こした「カナノウ旋風」の中心にいた。大会No.1右腕という前評判以上のインパクトを放ち続けたのが、金足農高(秋田)のエース・吉田でした。

チームを準優勝に導いた勝ち気な投げっぷりです。浮き上がるような軌道の真っすぐです。打者をねじ伏せる姿。

まとめ

素材はすごいです。甲子園での疲れもいやし、フォームも変更でプロで活躍するでしょう。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました