カテゴリー

【巨人】山下航汰の評価は?なぜ大学進学せずプロへ!健太高崎高校で育成指名!

こんにちは、ヨシラバーです。

山下 航汰の育成選手が2軍で大活躍しています。

176センチとプロの中では小柄ながら、左打席からパンチ力のある打撃が魅力で、木製バットに順応するセンスがあります。先日井端も木製バッターでの飛距離を褒めていました。

将来が楽しみですね。

山下 航汰のプロフィールは?

出身地 大阪府柏原市
生年月日 2000年11月15日(18歳)
身長 176 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト1位
年俸 240万円

山下は、大阪・柏原(羽曳野ボーイズ)出身。中学時代には、あのジャイアンツカップで優勝。実家には、中学時代に放った約20球のホームランボールがガラスケースに入れて飾られているという

山下 航汰は高校通算ほホームランが75本の長距離砲!ただ甲子園に出場できず目立たなかった

健太高崎高校出身です。

その健太高崎高校では、2018年に“機動破壊”と呼ばれる積極走塁と先発野手の総本塁打数が200発を超える強打で今春の関東大会を制しています。

山下は、17年センバツで2年生史上初となる1大会2発の満塁弾を放ちます。高校通算75本塁打で、昨年の育成ドラフト1位で巨人入団した期待の左打者です。

ただ、惜しくも夏の甲子園出場はならず、彼らの最強打線が多くの高校野球ファンの目に止まることはありませんでした。

山下 航汰を育成で巨人がドラフト一位で指名が、支配下指名でなく残念のコメント

「支配下で選ばれず少し残念」と心中を明かしていました。

 「育成でもプロに行こうと思っていた。下克上してやろうと思う」と話しています。

青柳博文監督は「(山下選手は)努力を惜しまない。プロという夢がかなってよかった。素直な気持ちで、ファンに応援してもらえる選手になってほしい」と期待を込めた。

巨人については「3軍まであるチームなので、育成でも2、3軍で活躍するチャンスがある。外野手というポジションで、全力でアピールしていきたい」と意気込みを語った。

山下 航汰は大学へ進学は考えなかったのか?親がプロへ進言

悔しかったですね。正直。自分は今まで後手後手というか、守りに入る選択が多かった。プロか進学かかなり迷ったのですが、一番は親からの後おし。「今行かなくていつ行くんだ」「大学で怪我をしたらプロにも慣れないんだぞ」

山下 航汰の2軍での活躍は?井端も褒める

育成指名の高卒1年目ながら、この日で2軍公式戦32試合目で、104打席となり100打席をクリアしています。5月18日時点で、打率2割8分、2本塁打、7打点、二塁打6本、三塁打2本を記録しています。

高校卒業したばかりですよ。本当に楽しみの選手ですね。

176センチとプロの中では小柄ながら、左打席からパンチ力のある打撃が魅力で、木製バットに順応するセンスがあります。先日井端も木製バッターでの飛距離を褒めていました。

堂上剛裕ファーム打撃コーチも「スイングスピードがすごい。積極的に意見を求めに来るし、向上心は強い子ですよ」とはなしています。向上心が高いですね。

守備や足の評価は?

守備は主に一塁と外野(レフト)を守っており、守備レベルは悪くなく、標準以上のレベルを誇っています。

足もかなり速く、三塁打タイムは11秒63と基準タイム12秒29と大きく上回っています。

50メートルも6秒3とかなり早いです。

なぜ山下 航汰は育成での指名なのか?

単純に技術はまだなのかもしれません。パワーヒッターであることは間違いありません。
たしかにパワーがないと打てませんが、練習試合も含みますし、レベルが低い相手から打っても一本ですからね。

そこはまだ若いところなので変化していくのが気になります。

まとめ

今年はまず支配下登録されるのが最初です。支配下があまっています。現在の活躍をしていれば、近い将来登録されるのではないでしょうか。

それでの大学に行かなくて成功だったのかもしれませんね。巨人は3軍もあり試合にでれる環境があります。

契約金はもらえないかもしれませんが、本当に親がおっしゃれていた通り怪我をしていたらプロにもなれません。

将来は巨人のクリンナップを打てる存在です。早く支配下登録になることを祈ります。

シェアする