カテゴリー

【オリックス】山本由伸の高校時代の記録:完全試合をするも甲子園にでれず

最初は山本由伸由伸って名前からなんだろうと思っていました。

ただ、巨人ファンのお父さんが付けたことと共に、実の母親の名前「由」と実の父親の名前「伸」からそれぞれを採用して、結局はお祖母さんが名付けたということです。

そんな現代の由伸はオリックスで大活躍でありますが高校時代はどんな選手だったのでしょうか。

直球、変化球Bランク(上位指名候補)に入っているとの評判でした。

山本由伸のプロフィールは?

出身地 岡山県備前市
生年月日 1998年8月17日
身長
体重 178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト4位
初出場 2017年8月20日
年俸 4,000万円(2019年)

山本由伸は、1998年(平成10年)8月17日生まれです。

岡山県備前市の出身で、小学1年生の時から野球を始めたそうですが、当時のチーム名は「伊部パワフルズ」でプレイしていました。

山本由伸の高校時代の活躍は?都城高等学校出身

宮崎県の都城高等学校では、1年夏の選手権宮崎大会に「9番・三塁手」として出場ます。

 1年秋から本格的に投手へ転向すると、2年春にストレートで147km/h、同年夏の宮崎県新人野球大会で151km/hを計測ています。早い球を投げることを心がけ、2年生の夏の県新人戦では最速151キロをマークしたとのことですが、決勝戦に於いては、なんとノーヒットノーランという快挙を達成しました。

 2年秋の宮崎大会では、宮崎海洋戦で、5回参考ながら完全試合を記録しました。

 しかし、3年夏の選手権宮崎大会では3回戦で宮崎商に敗れることになりました。

ただ、直球が生きてくればおのずと変化球がより生かされることになり、打者にとっては打ち辛い投手となっていきそうな雰囲気はありましたね。

山本由伸の高校時代の動画

山本由伸は甲子園には出場できずでした。

甲子園には残念ながら出場できなかったようです。

 地方大会での大活躍ぶりにはプロ野球のスカウト陣も良く調べていると思いますが、やはり目に付いたのでしょう、2016年の秋に行われたドラフト会議では、オリックスバファローズから4巡目で指名を受けました。

山本由伸の高校時代のプロのスカウトの声は?

やはりストレートと変化球のポテンシャルが評価されていますね。ドジャースの前田健太投手(28)=大阪・PL学園高出=に似たしなやかな投球フォームが魅力とまでいわれていました。

 手先が器用でカーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシームを操る高評価です。

オリックス・山口担当スカウト
 「ことし1年間追いかけ、投手としての能力の高さを感じた。オリックスの背番号43は山本と思われるように早くなってほしい」

オリックススカウト
 「身体能力、投手としての能力ともに高く、下半身の使い方が良く腕のしなりもいい。コースの出し入れをしっかりとできるコントロールも魅力の投手」

ソフトバンク・福山スカウト

 「地元の選手ですからね。山本君は能力も高いし、いいプレーヤー。しっかり評価し、注目しています。山本君に限らず今年は九州にいい選手が多い。縁があれば…」

巨人・山下哲治スカウト部長
 「球の切れ、スピードもある。素材としても面白い。A(クラス)に近い高評価だ」
 「スピードとキレが魅力。総合的に高く評価できるし、3位までには消える」

ロッテ・永野吉成チーフスカウト
 「組み立てとか配球などもうまいし、ピッチングができる。(プロでも)先発タイプだね。評価は変わらない」

中日・三瀬幸司スカウト
 「いろんな球種を操れるし、器用。変化球も真っすぐも同じ腕の振り。高校生で打ち崩すのは難しい。ボディーバランスもいい」
ヤクルト・小川SD
 「球種が豊富で、投げることに関して器用な印象。高校生として完成度は高い」

まとめ

最初は由伸という名前から有名になったかと思いますが実力でファンに評価されてきています。

このままプロ野球を支えていく選手になっていくんでしょうね。

シェアする