MENU
ヨシラバー(yoshilover)がお伝えするメディアです。大手マスコミではニュースにならない情報をお届けします。

【山本由伸はメジャー球団や年俸】どこいついくチーム最短?ポスティングFAいつ?志向?球団や評価?スカウト?

山本由伸はメジャー志向?海外FA?移籍いつ?メジャーどこ?ポスティング

山本 由伸(やまもと よしのぶ、1998年8月17日 – )は、岡山県備前市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

NPBからMLBへの移籍は選手にとって大きなステップであり、山本由伸投手の2023シーズンの優れたパフォーマンスを考慮すると、MLBの関心は十分に根拠があります。

 予想されるポスティングは、日本とアメリカの両国で野球界における話題となる可能性がありますね。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では【山本由伸はメジャー球団や年俸】どこいついくチーム最短?ポスティングFAいつ?志向?球団や評価?スカウト?についてお伝えします。

山本由伸はメジャー志向・評価!移籍いつ?海外反応?FA?スカウト評判?

山本由伸のプロフィール

山本由伸は、オリックス・バファローズで活躍する日本のプロ野球選手です。

2017年にドラフト4位でオリックスに入団し、2018年に一軍デビューを果たしました。

 主に先発投手として起用され、2019年には最優秀防御率を獲得し、2021年からは2年連続で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の投手3冠を達成しました。

項目内容
名前山本由伸(やまもと よしのぶ)
生年月日1998年8月17日
出身地岡山県備前市
身長177cm
体重80kg
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り2016年 ドラフト4位
初出場2017年8月20日
年俸4,000万円(2019年)
経歴都城高等学校→オリックス・バファローズ (2017 – )
目次

【山本由伸はメジャーいつどこ?】メジャー球団評価?最短?FAいつ?メジャースカウト?年俸?

山本由伸はメジャー志向・評価!移籍いつ?海外反応?FA?スカウト評判?

メジャーいつ?報道は?

オリックス・バファローズからポスティングシステムを利用してアメリカ・メジャーリーグへの移籍を目指していました。



 右腕から150キロ台半ばの速球をコースに投げ分け、変化球も一級品。

将来の米大リーグ挑戦への期待も高まるが、「今のレベルで通用するとは全く思わない。一日一日、練習をしっかりして、頑張りたい」。圧倒的な数字を残してなお、さらなる高みを目指す。

ただ、メジャーにいくならポスティングかFAでしょうね。

メジャーはどこ?

山本由伸投手は、メジャーの移籍先はロサンゼルス・ドジャースとの大型契約で入団しました。ドジャースとの契約は、メジャー投手として史上最高額となりました

オリックスからポスティングシステムでのメジャー移籍を目指していた山本由伸投手(25)がドジャースと合意に達したと21日(日本時間22日)、複数の米メディア報じた。

引用元:【山本由伸はメジャー球団や年俸】どこいついくチーム(スポーツ報知)
ヨシラバー
ヨシラバー

メッツのビリー・エプラーGMがオリックスの山本由伸投手の視察に訪れていたというニュースを伝えています。

ノーヒットノーランを達成した9日のロッテ戦(ZOZO)はヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMも視察しています。

レッドソックス、ドジャース、カージナルスも視察しています。

MLB公式サイトは21日(日本時間22日)、今オフにポスティング制度での米大リーグ挑戦が濃厚となっているオリックス・山本由伸投手(25)について特集した。

引用元MLB公式サイトが山本由伸特集 千賀超えでヤンキース、ドジャースなどが興味か(スポーツ報知)

山本由伸の優れたピッチングスキルのためにMLBチーム間で激しい入札戦を引き起こす可能性があり、彼の移籍は熱心に期待されており、MLBの次なる大きな入札戦と見られています。

評価は?

オリックス・バファローズは、今冬に山本由伸をポストティングする予定です。

 これにより彼はこのオフシーズンにMLBクラブにとって最も求められるフリーエージェントの一人となるだろう

今までの流れです。

日付イベント
2023年2月日本プロ野球(NPB)のオリックス・バファローズのエースである24歳の山本由伸中堅投手が、MLBのチームに対してポスティングされる可能性があると報じられました
2023年7月ニューヨーク・メッツが、山本由伸選手のMLBフリーエージェント前にスカウトを行っているとの報道がありました
2023年8月山本由伸選手は、NPBのオリックス・バファローズからポスティングされるとの情報が出回りました
2023年9月ヤンキース、ブルージェイズ、フィリーズ、パドレス、レッドソックスの5つのMLBチームが山本由伸選手の試合を視察しているとの報道がありました

同球団が山本由伸を来季の戦力として検討していると報じたことがあります。

 評価はメジャー移籍が見込まれる日本プロ野球選手の中で最も成功している選手と位置づけられています

そのため、今オフにはメジャー挑戦の争奪戦が繰り広げられる可能性があります

 ポスティングシステムにより、全30チームが選手との交渉権を持ちますが、山本由伸選手の場合は高額なポスティング料が必要とされる可能性があります

海外の評価は類まれな防御率とNPBでの強力なパフォーマンスにより、山本由伸はMLBへ移籍した他の成功した日本人投手としばしば比較されているようです。

 潜在的な移籍は大きな取得と見なされ、MLBの外で最も優れた投手の一人としばしば称賛されている

ポスティングシステムは

ポスティングシステムは、日本のプロ野球選手がメジャーリーグベースボール(MLB)の球団に移籍するための制度であり、選手が所属する日本の球団から許可を得て、MLBの球団に対して移籍を希望する意思を通知することができます。

 山本由伸は、2023年オフにポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す見通しと報じられています

対価となる譲渡金を設定することによって
メジャー・リーグの球団に告知(ポスティング)します。

簡単に箇条書きにすると

1本人の申請

2他球団からのオファーがあること

これにより互いに合意して成立します。

山本由伸のメジャー年俸は2億ドル?

山本由伸投手のメジャーリーグでの年俸に関する具体的な金額は明らかにされてません。

 報道によると、才能と若さを考慮して、山本由伸は2億ドル程度の範囲での長期契約を得ることができると期待されています

ただ、山本由伸のメジャー年俸は12年3億2500万ドル(約465億円)との大型契約がきまりました。

具体的には8年総額2億ドル(約292億円)とのことです。2023年10月25日現在の為替レートは、1ドルが約149.855〜149.935日本円です。

 この契約が実際に成立した場合年間の給与は2億ドルを8年で割った額、つまり1年あたり25百万ドル(約36.5億円)となります。

2023年10月25日現在の為替レートは、1ドルが約149.855〜149.935日本円です。

 このレートを基に、山本由伸投手の2億ドルの契約金額を日本円に換算すると、約298億円から約299億円の間になる可能性があります

大谷翔平選手のような超一流の選手が高額の契約を獲得するのと同じように、山本由伸選手もMLBチーム間での価格戦争が起きれば、高額の契約を獲得する可能性がありますよね。

また、比較として、千賀滉大投手はメッツと75百万ドルの契約を結んでいます。山本由伸は千賀投手よりも若く、また低い防御率を持っているため、さらに魅力と見なされています

ただし、為替レートは常に変動しているため、実際の日本円額は変動する可能性があります。最新の為替レートをチェックすることで、より正確な日本円額を得ることができます。

また契約が正式に発表されるまで正確な金額を知ることは困難でもあります。

山本由伸へのメジャーの評価は菅野よりすごい

山本由伸はメジャー志向・評価!移籍いつ?海外反応?FA?スカウト評判?
ヨシラバー
ヨシラバー

グレードアップし続ける山本にはメジャー関係者も驚くばかりです。

「すべてが規格外。菅野より全然すごい。直球もカットボールも全部がキレキレ。若いし、メジャースカウトが一番高い評価をしているのは山本だよ。ファンはスピードボールを一番喜ぶし、山本が来れば『ワンダフル』ってなるよ」

とはなしています。やり投げのような独特

FA移籍

山本由伸は現状では最短での海外FA権取得は2026年とされており、ポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦が予想されている

他球団へ移籍する際に有名な権利の一つですよね?

条件としては1軍登録期間が累計で9年を超えた場合です。

1軍での1年が145日として計算されるみたいですね。

今年はコロナウイルスの影響もあるのでこの制度の条件も若干違ってくるみたいですが、FA権取得には結構な時間がかかるという事が分かるかと思います。

または年数が経って FA 宣言するっていう手もありますのでそうなってしまうとレジャーに行く年齢は20代の後半30前半あたりになってくるのかなという風に考えます。

FAは一軍登録期間が9年を超えた場合に使えます。

ポスティング

ポスティング制度を利用することで、山本選手はオリックス球団の許可を得てメジャーリーグのチームに移籍することができます

【山本由伸はメジャーいつどこ?】海外の反応?

山本由伸への海外の反応!

ヨシラバー
ヨシラバー

向こうの打者はブンブン振ってくるし、三振も取れる。荒れ球で球数が増える傾向があるからクローザーに向いている」とまで言う。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝で揃って登板したことで、山本由伸(24歳)、佐々木朗希(21歳)というNPBが誇る2大右腕の知名度がアメリカでも大きく上がったことは間違いない。4月14日、ZOZOマリンで実現したこの両雄の投げ合いは、米メディアの間でも少なからず話題になった。

引用元:山本由伸のメジャーの反応(NUBER)

山本は“プロフェッショナル・ピッチャー”というとアーム投げで独特ですけど、アメリカでの評価はすばらしいですね。

投球の方法をよく理解している投手という印象があるようです。下記のコメントがあります。

 見せ球を効果的に使い、すべての球種で制球がいい。常にプランを持っていて、それを遂行する。そんな山本もまた優れたピッチャーだと感じた。

山本由伸の投げ方の記事は下記に記載しています。

【山本由伸のフォーム】投げ方?アーム投げで独特!投球ピッチング?似てる?スリークォーター

 今年の山本とメジャーで活躍した投手を同じ5年目の成績で比較したところです。みんなすごいえすが、山本由伸も変わらない活躍ですね。

山本由伸(23) 26試合 1.39 193.2回 18勝5敗 奪三振206 WHIP0.86
田中将大(23) 27試合 1.27 226.1回 19勝5敗 奪三振241 WHIP0.87
前田健太(23) 29試合 1.53 206.1回 14勝7敗 奪三振171 WHIP0.99
ダルビッシュ(23) 23試合 1.73 182.0回 15勝5敗 奪三振167 WHIP0.90

【山本由伸はメジャーいつどこ?】メジャー志向は?

山本由伸はメジャー志向・評価!移籍いつ?海外反応?FA?スカウト評判?

メジャー志向は?

谷との対談で以下のように話をしています。

谷「メジャーは目指したりしているの?」

山本「あまり言っていないんですけど、自分の中では」

谷「上のレベルでやってみたいんだ」

山本「高いレベルでやりたいというのはありますね。プレミアでもトップ選手ばっかりだったので、いつも以上に楽しかったです」

関連記事:山本由伸の父や母!実家は金持ち?住所?生い立ち?姉?家族?両親や兄弟!

【山本由伸はメジャーいつどこ?】よくある質問?

山本由伸のフォームは?

Q
山本由伸のフォームは?
A

山本由伸のフォームは、アーム投げに近いフォームです。

アーム投げは、肩に負担がかかりやすいフォームです。しかし、山本由伸は、肩の筋肉を鍛えて、アーム投げのフォームでも肩に負担がかからないようにしています。

関連記事は下記です。

【山本由伸のフォーム】投げ方?アーム投げで独特!投球ピッチング?似てる?スリークォーター

山本由伸の実家は?

Q
山本由伸の実家は?家族は?
A

山本由伸さんの実家は、岡山県備前市です。自宅は大阪にあるといわれています。関連記事はかきです。

【山本由伸の実家は金持ち】父親や母親!自宅場所住所は大阪?兄弟!家族!マンションどこ

山本由伸 メジャー

Q
山本由伸 メジャー
A

メジャーリーグでは、山本由伸投手の評価は非常に高く、多くの球団が獲得を検討していると報じられています。

 山本由伸投手は、150キロを超える速球と、スライダー、カーブ、チェンジアップを駆使するオールスター級の投手です。メジャーリーグでもトップレベルの投手と対戦しても勝てるポテンシャルを秘めていると見られています。

2023年オフにポスティングシステムを利用してメジャーリーグに挑戦する可能性が高いと報じられています。山本由伸がメジャーリーグに挑戦した場合、すぐに成功する可能性が高いと見られています。

関連記事は下記です。

山本由伸はメジャー志向?海外FA?移籍いつ?メジャーどこ?ポスティング

まとめ:【山本由伸はメジャー球団や年俸】どこいついくチーム最短?ポスティングFAいつ?志向?球団や評価?スカウト?

いかがでしたでしょうか。

今回の記事は【山本由伸はメジャー球団や年俸】どこいついくチーム最短?ポスティングFAいつ?志向?球団や評価?スカウト?についてお伝えしました。

今や千賀でも菅野でもなくメジャーでの評価は高いですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
yoshilover'sblogプロ野球好きの管理人のヨシラバーです。!ブログは2017年からやっているよ!住まいは東京です。東京ドームの近くです。スポーツを見にちょいとが高じて知識はほぼ専門家です。幼少期のころから野球の練習・観戦していたため、長年において積み上げた知識は誰にも負けないと自負しています。目指してた野球選手にはなれなかったため発信する場はありません。プロ野球への思いを発信する場としてまたそれが皆様の知識として役立てることができればと思ったことが、このメディアを起こした理由です。

コメント

コメントする

目次