上野由岐子の現在?引退は?怪我をしている

ゲームができるようになりました。
上野由岐子の現在?引退は?怪我をしている世界で活躍するスポーツ選手
上野由岐子の現在?引退は?怪我をしている
この記事は約3分で読めます。

上野 由岐子(うえの ゆきこ、1982年7月22日 – )は、福岡県福岡市出身のソフトボール選手(投手)。背番号17。右投右打。女子ソフトボール日本代表。愛称は「うえぴー」。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では上野由岐子の現在?引退は?怪我をしているについてお伝えします。

出身地 福岡県福岡市
生年月日 1982年7月22日(40歳)
身長・体重 174cm
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手

関連記事:宇津木麗華の若い頃?配偶者!結婚!子供?伏見幸男?経歴!星野

関連記事:上野由岐子の結婚!かっこいい?家族の構成!兄弟!愛車

上野由岐子の現在? 怪我?引退

2021年に群馬県民栄誉賞を受賞しています。

 東京オリンピック ソフトボール女子日本代表(SOFT JAPAN)として金メダルを獲得した功績を称え、2021年12月1日、JR高崎駅西口に、記念のゴールドポスト(第16号)が設置されたそうです。

上野由岐子の現在①:引退?怪我?

今は現役だからも育成をしているそうです。

「ベンチには入って経験を伝えてもらいたい」「選手としてまだまだ続けていくつもりなので、今年は無理をさせたくない。去年は多くのけがを抱えながら頑張ってくれた。次もし何かあれば2度と(プレー)できなくなってしまう可能性もある」

引用:日刊スポーツ
ヨシラバー
ヨシラバー

監督の話ではまだまだ選手として続けてもらうとはなしています。40代にもなり引退の心配もされましたが心配はなさそうですね。怪我だけは気を付けてほしいですね。

上野由岐子の現在①:燃え尽き症候群

ヨシラバー
ヨシラバー

東京オリンピックで優勝してすべてやりつくしたと思っていました。つまり燃え尽き症候群かなとおもいましたが、すでに昔なっていたのですね。

上野由岐子のことは九州女子高校(現・福岡大学付属若葉高校)時代より目をかけており、宇津木は後に週刊誌のインタビューで下記のようにコメントしています。

 「アテネで金メダルを逃した原因を考えると、やはりピッチャーでした。もっとしっかりしたピッチャーがいれば私たちはより大きな自信を持って戦えたんじゃないかと感じたんです。そのためにも上野を世界一のピッチャーに育てて、自分の母国・中国で開かれる北京五輪を託すしかない。そう考えて、私は上野をアメリカに連れていきました」

と答えているます。

 その上野がその後、北京を最後にソフトボールが五輪種目からはずれたうえケガも重なり、燃え尽き症候群のような状態に陥った際には上野をなだめ、励まし、勇気づけながら、ソフトボールへの思いを取り戻させようと試みました。

「それならいいよ。すべて私が背負うから。逆に行きたくても行かせないよ。あなたは世界一なんだから、嫌なことを背負うために自分が横にいるから」と受け入れ、さまざまな批判の矢面にも立った。「自分の気持ちを尊重してもらいながら、うまく引っ張ってもらえました。麗華監督じゃなかったら、自分もここまで頑張り続けられなかった」

と、上野自身も宇津木の存在感の大きさを改めて痛感したといます。

まとめ:

引退はなかったようなので安心しましたが怪我には気を付けてほしいですね。

関連記事:宇津木妙子の娘!麗華れいかの関係?現在?

関連記事:後藤希友がかわいい!結婚?年収や中学は?twice!趣味!ソフトボール

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました