ソフトバンク上林誠知はメジャー志向!成績や仙台育英高校での活躍は?

こんにちは、ヨシラバーです。

2018年はfa大変盛り上がりましたが、広島菊池やギータ千賀なと海外メジャー志向ある方も増えましたね。

上林もメジャー志向でさだそうです。

上林誠知とは?

名前 上林誠知(うえばやしせいじ)
出身地 埼玉県
生年月日 1995年8月1日(23歳)
身長 体重 184 cm 85 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
経歴 仙台育英学園高等学校

上林の少年時代や仙台育英高校時代は?

1年で野球を始め、土合中では硬式の浦和シニアで中堅手でした

仙台育英高では1年夏からベンチ入り、秋には4番中堅を任された。

2年夏、3年春、夏と3季連続で甲子園に出場。8強入りした3年時の選抜大会2回戦、長崎・創成館戦で、ベース手前でワンバウンドした変化球を中前に2点二塁打するなど高いミート力と俊足を生かした守備力で注目を集めました。

高校通算23本塁打。13年秋のドラフトでソフトバンクに4位指名され入団しました。

ソフトバンクでの活躍は?

中学、高校時代の外野手でなく、身体能力の高さを買われ内野手としてプロ入りします。

元ヤクルトの宮本慎也氏と同タイプのグラブをメーカーに発注した。

ファームで三塁などを守り、2年目から外野手。プロ2度目のスタメンとなった15825日のロッテ戦で通算7打席目での初安打を記録、9打席目で放った初アーチが逆転の満塁本塁打となった。

ソフトバンクでの成績は?

17年に初めて規定打席到達。18年は全試合出場で打率27分、自己最多の22本塁打、62打点。プロ野球65年ぶり、歴代4位タイの14三塁打をマークした。

上林誠知将来はメジャーに挑戦したいということか

メジャー目指しのは高校時代から

高校(仙台育英)3年夏の甲子園(2試合で9打数1安打)でどうしようもない状態になってしまって、その後の高校日本代表は控え。あんなに悔しかったのは初めてだった。その時、世代ナンバーワンになりたいと思ったらしいです。

そのためには、日本にとどまってはいけない。メジャーで活躍したら、認められるはずと思うようになった。その思いを、今でも持っている。

メジャーは早くて2015

-海外FA権を取得するのは早くて25年シーズン

国内の他の球団でやりたいと思うことはないそうです。

まずは、その時点で自分がどこまでの選手になっているか気にしていること。

上林は下記のように話します。

すごい選手が多くて、やっぱり一番強くて、毎年優勝争いができる。でも、ドラフト前は試合に早くから出られそうなチームに入りたいと思っていた。ホークスに指名されて、どうやって試合に出ればいいんだろうと。そこでレギュラーになったからには、誰よりも打ち続けたい。

まとめ

ソフバンは、千賀や柳田に引き続き、メジャー志向ですね。

また、海外に目指す選手が増えそうです。

シェアする