【東洋大】上茶谷大河のドラフトは?京都学園高校での成績は?

こんにちは、ヨシラバーです。 

 上茶谷投手は、大学3年生のリーグ戦まで、1勝もしたことがないピッチャーです。
しかし、4年春の開幕戦では、16個もの三振を奪い初完封で初勝利をし、東洋大学3人のなかでも先発一番手にたつほどになりました。

上茶谷大河のプロフィールは?

生年月日:1996年8月31日
出身:京都府京都市
身長:181cm
体重:85kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:京都市立衣笠中学校→京都学園高等学校→東洋大学

上茶谷大河の少年時代は?

上茶谷投手は、小学1年で野球を始め、中学時代は「京都レッドベアーボーイズ」に所属しています。

上茶谷大河の京都学園高校時代は?

2年春からエースナンバーを背負っています。2年夏の京都府大会では、初戦・木津戦に先発して完投。1失点に抑えますが、味方が点を取れず、0-1で一回戦負けに終わりました。

3年夏の京都府大会は、2回戦で、甲子園出場経験もある強豪・福知山成美に敗北し、甲子園への出場はかなわず、東洋大学へ進学することになりました。

上茶谷大河の東洋大学での成績は?遅咲きで4年でのブレイク

東洋大学でも入団当初は活躍することができませんでした。

東洋大では1年秋から救援で2部戦に出場しますが、3年秋までのシーズンを未勝利のままで終えます。
大学3年のオフの体作りで体重を85kgまで増やし、4年春先の楽天2軍戦で151キロをたたき出しました。
  春季リーグ戦で先発1番手を務め、最多6勝2敗の大活躍で3連覇を達成。
 14戦中10戦(計1055球)の先発をこなす奮闘で、MVP、最優秀投手など3冠に輝いています。

まとめ

4年になって、プロのドラフトに指名されるほど上り詰めてきた男です。大学時代に肩を使いすぎてプロではつかいものにならないという件もありますが、心配なさそうです。

伸びしろは一番あるかもしませんね。