大阪桐蔭 ドラフト候補 2018は!最強野球部員はどこへ?

こんにちは、ヨシラバーです。

ドラフト会議が近づくにつれ、大阪桐蔭の根尾藤原柿木などがどこのプロ球団にいくのかが話題となっています。

現状はどうなのか探ってみました。

大阪桐蔭高校のプロ野球選手は?

第一線で活躍している選手ばかりです。

岩田稔、中村剛也、西岡剛、辻内崇伸、平田良介、丸毛謙一、中田翔、浅村栄斗、江村直也西田直斗、山足達也、藤浪晋太郎、澤田圭佑、森友哉、中村和希、香月一也、青柳昴樹、高山優希

大阪桐蔭高校の西谷浩一監督が優秀すぎる

上下関係取り払う

当初の大阪桐蔭はPL学園と同様3年生の付き人を採用していましたが、西谷監督が「PLと同じことをやっていても差は縮まらない」と変更を提案。上下関係のなさはここから始まったようです。

自ら考えさせる指導法

「打撃が不調になっても監督は口を出さない。自分の頭で考えることを要求され、自分で工夫するしかない。本当に行きづまったときだけ、声をかけてくれました。
一方、走塁と守備の練習はとにかく実戦的だったと、プロに入ってほかの高校から来た選手と会って実感しました」

大阪桐蔭が2018年8月13日の試合で沖学園を下しました。強すぎますね。強さの秘密の1つに名指導者の存在がありますが、西谷監督も名将と言われ...

根尾昂は巨人?中日・楽天・オリックスも

根尾は、巨人と中日がすでに1位指名を決めている大阪桐蔭高・根尾昂内野手(3年)を1位の有力候補に挙げていることが6日、分かっています。

巨人では、 坂本勇と同じ成長過程が期待できる、という声もある。井上チーフスカウトは、投手、内野手、外野手の全てで高く評価しているとした上で、「まずショート(遊撃)から。将来的に長くレギュラーで、の期待がある」と分析しています。

こんにちは、yoshiloverです。 今年の巨人は、バッターは岡本・吉川尚・田中・大城、和田などバッターの若返りができています。 ...

オリックスや楽天、中日、そして日ハムまで指名が予想されており、競合するのは間違いありませんね。・

柿木蓮のドラフトはどこが指名?2位指名か

最速151キロ。変化球もスライダーカーブフォークとあり、コンビネーションで抑えるピッチングもできます

甲子園の優勝ピッチャーです。ドラフト2位あたりで指名入るのではないでしょうか。

こんにちは、ヨシラバーです。 今年の大阪桐蔭は史上最強といわれており、二刀流である根尾が一番騒がれていたりしますが、エースは柿木蓮なのです...

藤原恭大のドラフトは外れ一位は確実か?

足が速いし、プロでは1番で。首位打者も取れるタイプになれるとのことです。将来、スター選手になれる逸材なのは間違いく、スピード、スイングで見るものをワクワクさせる、魅了するものを持っています。

こんにちは、ヨシラバーです。 藤原は、文句なしの高校ナンバーワン外野手ですが、甲子園で見せてきたパフォーマンスは、すべて体に不安を抱えながらのものだったそうです。 「高校の最後にいい状態で迎えられるので、全力を出し切りたいです」と語っています。 高校通算29本塁打、50メートル5秒7を誇る俊足強打の外野手のドラフトの行...

まとめ

過去最強といわれた2018の大阪桐蔭野球部ですがプロでの対決が楽しみですね。