【花咲徳栄高校】野村佑希のドラフトは?ハーフで父・母は?

こんにちは、ヨシラバーです。

今年の高校野球は二刀流の選手も多い中で、野村佑希も二刀流で騒がれました。

先日ドラフトでプロへの希望をだしましたが、バッターとしての評価が高いようです。

どこの球団にいくのでしょうか?

野村佑希のプロフィールは

名前:野村 佑希(のむら ゆうき)
出身:群馬県(出身米国ミシガン州生まれ)
生年月日:2000年6月26日(18歳)
身長:185cm
体重:90kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手・一塁・三塁・外野
経歴:花咲徳栄高校

野村佑希はハーフでアメリカ生まれ!少年時代は?

アメリカ生まれで、「ジェームス」というミドルネームを持っている野村選手。
国籍も日本とアメリカの二重国籍です。

父・真也さんが自動車関連の会社で働いており、その関係でアメリカに住んでいました。
母・洋子さんは身長175㎝と大柄で、中学時代にはソフトボール部で4番を打っていたそうです。
1歳の時に群馬伊勢崎市に移住してきた野村選手。

小学2年生の時に、「剛志ジュニアーズ」で野球を始めました。
中学時は「太田市リトルシニア」で投手兼三塁手としてプレイしています

野村佑希の花咲徳栄公庫時代

ベンチ入りしたのは1年秋ですが、メンバー入りと同時に、一塁レギュラーの座を掴み、4番として関東大会に出場しました。

1年秋までに放った本塁打は6本でしたが、春先の練習時代で計12本のホームランを放ち、存在感を示しました。

春季大会でも、4番・左翼手兼投手として出場し、4本のホームランを放つ活躍で県大会準優勝を達成しました。
2年夏の県大会では本塁打0ながら、打率4割越えで優勝に貢献します。
4番として出場した甲子園では特大のホームランを放ち、名前を全国区に広めました。

それでも「去年は連れていってもらって、おこぼれをもらっていた。今度はマークされる中で打たないといけないと思う」と自覚十分です。

3年夏の予選から背番号1を背負い、5戦31回4失点の力投で4連覇にけん引します。甲子園全2試合に4番投手として出場したが、横浜に3.0回7失点と打たれ2回戦で敗退しました。
https://twitter.com/miyumaru_19/status/998176515748646912

野村佑希の高校での活躍は!インコースのさばき方が坂本勇人2世までといわれる

高校通算58本塁打、長打力をプロスカウトから注目される右の強打者です。

インコース捌きの上手さでプロから高い評価を獲得。低め打ちも持ち味のひとつ。甲子園で左越え4本塁打(低めスラ、内低め直球、高めSFF、外寄り低め直球)を記録した。

インコースのボールのさばきかたは坂本勇人2世までいわれます。

野村佑希へのドラフト評価は?

ヤクルト橿渕スカウトグループデスク

「自分のストロングポイントを知っていて本塁打にできる。潜在能力が高い」

阪神平塚スカウト

「すごい飛距離。コントロール重視で投げていたが、投手としても野手としても魅力」

西武渡辺SD

「典型的な右の長距離砲。体に力もあるし、自分の打つツボを持っているね」

楽天沖原スカウト

「インコースの打ち方がうまい。手首の柔らかさなど、独特の良さ、天性のものがある」

巨人・岡崎スカウト部長

「ホームランバッターの素質を持っている。高校生ではトップクラス」

まとめ

松井稼頭央であったり、イチローであったり、甲子園ではピッチャーではありましたが、バッターとしてのセンスをいかしてレジェンドとなっています。

野村君もその素質をもっているのは間違いありませんね。