カテゴリー

野球のタイムリー(適時打)とは?ホームランは?野球用語

野球観戦をしていると「タイムリータイムリー〇◯!」と応援をすることがあります。

野球ファンには常識ですが、野球初心者にとっては意味がわからないらしいです。

タイムリー(適時打)とはどういう意味なのか解説します。

タイムリー(適時打)とは?

タイムリーとはどういう意味なのでしょうか。

ウィキペディアによるとタイムリー(適時打)はこういった意味です。

塁上の走者を本塁に生還させた安打のこと。タイムリーヒットとも呼ばれるが、これは和製英語で、英語ではclutch hitあるいはRBI hitと呼ばれる。適時打を打った打者には、その得点の数だけ打点が記録される。

ランナーがいる状態でヒットを打てばタイムリーということです。

タイムリー◯◯?

一言でタイムリーと言っても、何塁打かによって言い方が変わります。ランナーの数は関係ありません。

一塁打「タイムリーヒット(適時打)
二塁打「タイムリーツーベースヒット(適時二塁打)」
三塁打「タイムリースリーベースヒット(適時三塁打)」

「タイムリーホームラン」はない

三塁打までは「タイムリー◯◯」と表現があるのに、なぜか「タイムリーホームラン」という表現はありません。

基本的に点が入らないホームランは存在しないため、タイムリーホームランという言葉は存在しません。

じゃあどう表現するかというと、

ランナーなし「ソロホームラン」
ランナー1人「ツーランホームラン」
ランナー2人「スリーランホームラン」
ランナー3人「満塁ホームラン」または「グランドスラム」

初心者に言わせると、なぜランナー1人なのにワンランホームランではなくてツーランホームランなのかという疑問があるそうですが、これは1度に2点入るからです。

タイムリーエラー」とは

タイムリーエラーという言葉もありますが、どういった意味なのでしょうか。

タイムリー‐エラー 《〈和〉timely+error》野球で、相手チームの得点に直接結びつく失策。

これは攻撃中ではなく、守備中にエラーをしてしまうことで相手に点が入ってしまうという意味になります。

※タイムリーのチャンスで失敗したという意味ではありません。

これは今宮健太のタイムリーエラーですが、ファンの中ではこれが原点とも言われています。

まとめ

改めてみると、野球は用語が多く、英語と日本語で表現する人がそれぞれいるので初心者には訳がわかりませんね。

きょうの神宮のヤクルト戦は初っ端からイケオジ亀井さんのグランドスラムでしびれました。原監督がかつて「亀井に心を強奪された」とネット上で批判さ...

シェアする