巨人・高橋優貴の成績は?吉田輝星(金足農高)との関係性も!

こんにちは、ヨシラバーです。

キャンプが始まりドラフト1位の高橋優貴がきになりはじめましたね。

大学時代の成績はどうだったのでしょうか。

高橋優貴さんのプロフィールは?

東北では有名な選手だったそうです。吉田輝星さんが進学するかどうかまよった八戸学院大学出身。

プロフィール

名前 高橋 優貴(TAKAHASHI YUKI)
出身地 茨城県ひたちなか市
生年月日 1997年2月1日
身長体重 178cm 74kg
ポジション 投手
経歴 茨城・友部リトルシニア→東海大菅生→八戸学院大学

茨城に生まれ、高校は東京の東海大菅生高、大学は青森の八戸学院大へと進んでいます。

高校時代は甲子園出場こそないが、最速145キロの左腕はプロもマークする存在で、3年夏は西東京で準優勝します。

投手の育成に定評があり、日本ハム入りした吉田輝星(金足農高)を指導したことでも知られる正村公弘監督の下、大学でその力を大きく伸ばしました。

高橋優貴の評価は?球速や球種などは?

最大の魅力は威力のある最速152キロの直球とスクリューボールで、昨季パ・リーグ最多勝に輝いた多和田真三郎(富士大)が持っていた北東北大学リーグ最多記録を更新する301個の奪三振をマークしています。

高橋優貴の大学時代の成績は?

先発・救援で6試合(先発3)に登板し、31.2回で40K、2勝1敗、防0.85(3位)の好成績を残す。
6回1安打11K0封の快投を披露したノース大2回戦でリーグ戦初勝利をマーク。
1年秋に先発1番手の座を獲得し、4位に沈んだチームの中、最多4勝を挙げる奮闘を見せた。
7季で合計41試合(先発26)に起用され、通算17勝(3完2封)、防2.02を記録。
2年春のノース大1回戦で14Kをマークするなど、計209イニングで249K(率10.72)を積み上げた。
通算41試合、17勝(3完投2完封)10敗、209回、防御率2.02。

巨人のスカウトは?

巨人・柏田スカウト
「三振を取るにはボールが強くないといけないですし、変化球も切れがないと取れないので、そういうものを併せ持ったピッチャー。それが最後まで出せているので、レベルは一つ上がって一皮むけたなという印象です」
巨人・柏田貴史スカウト
「最速152キロを誇る本格派左腕。1年春からリーグ戦に登板し、順調に成長。フォームのバランスも良く、スピードと切れを併せ持つ。先発だが、リリーフもこなせるタイプで、1年目から戦力として期待」

まとめ

近年のドラフト1位のピッチャーはあまり輝いていなかったですから、どれだけ成績をのこすのか楽しみですね。原監督も即戦力の左腕と話していますからね。

シェアする