巨人の2019の開幕スタメン発表?予想は?小林誠司・炭谷銀仁朗は?

2019年開幕に向け、大補強をしたジャイアンツ!!!!

必ず優勝するために、原辰徳監督が復帰し、実力至上主義を掲げてる、原さんがどのような開幕オーダーをたてるか、考えていましたが、ついに発表されました!

球団ワーストタイの4年連続V逸からのタイトル奪回を目指すべく、残りのスタメンが楽しみですね。

原監督が2019開幕オーダーの一部を発表

2019年3月22日の「2019 巨人激励会」で原辰徳の口から以下のことが語られました。

坂本勇人の2番打者は坂本がデビューしてから12年間で初めてのことです。

広島戦初戦は菅野、東京ドーム開幕は対阪神、山口でいきます。
1番から4番までは打順は決まっています。
1番は吉川尚輝でいきます。2番坂本、3番丸、4番岡本

 巨人の原辰徳監督(60)が22日、都内のホテルで行われた「2019 読売巨人軍激励会」で29日の広島との開幕戦(マツダ)の1~4番と開幕投手&本拠地開幕投手を明かした。 壇上のあいさつで指揮官は「広島戦初戦は菅野、(4【巨人】

2019巨人開幕予想オーダー

私が予想していた開幕オーダーです。1~4番のメンバーは予想通りですが、坂本は3番だと思っていました。

(二)吉川尚輝
(中)丸佳浩  
(遊)坂本勇人
(三)岡本和真
(左)ゲレーロ
(一)ビヤヌエバ
(右)陽岱鋼
(捕)小林誠司
(投)菅野智之

[その他の主な野手]

残っている選手はこちらです。

(捕)△阿部慎之助
(捕) 炭谷銀仁朗
(内) 中島宏之
(内)△田中俊太
(外) A.ゲレーロ
(外)△亀井善行

丸加入が最大の補強のジャイアンツ

中でも今オフFAの最大の目玉であった2年連続セ・リーグMVPの丸佳浩加入がもたらす影響は少なくない。

得点につなげることはもちろん、2018年は130四球、.468と出塁率の高さでチャンスメイクも担います。

何より東京ドームでプレイするのが夢だった丸にとって、憧れの松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助に近づけるかが楽しみですね。

吉川尚輝の体型がよくなり一番バッターとして活躍できるか?

身長177センチ、体重79キロと野球選手としては大柄ではありません。

ただ、、キャッチボールをしているだけで不思議と動きに目を奪われます。

ユニホーム姿が映える。それが吉川尚輝という選手が持つ、天性のスター性と言われます。

今年は一番バッターとして、3割30盗塁を狙えるのではないでしょうか。

岡本和真がやはり重要!4番バッターとして君臨してくれ

史上才最年少の若さで3割30本100打点を達成した岡本和真が去年のような活躍をすれば巨人は本当に強いですね。

一軍で活躍したのは4年目で初めてだが、他球団からのマークが厳しくなる来季、“2年目のジンクス”に苦しむことなく役割を全うできれば、チームの得点力は18年以上となることは確実だ。

5番バッターは外国人ゲレーロかビヤヌエバ

ラヌエバはパドレスの主にサードとして110試合に出場し351打席に立っています。

打順は最も多かったのが5番で37試合4番で28試合に出場しています。

打率が.236と低くなっていますが、本塁打は20本を記録しました。

特に初の開幕メジャーとなった2018年3,4月は打率.338本塁打8打点19を記録するなど大活躍しました。

ホームラン王の経験のあるゲレーロもだまってはいません。オープン戦ではソロホームランではなく塁に人がいる状態でホームランを量産していました。

坂本勇人は?

坂本勇人は何も心配していません。実績が抜群であり、キャプテンとしての自覚も十分にあります。

今年も打率340を残してほしいですね。

まとめ

やはり岡本和真が成績を残せるかが一番きになります。やってくれるでしょう。

シェアする