ソフトバンクホークス次期監督候補?来季!交代は小久保裕紀!城島健司!戦力外通告予想!なぜ弱い!来季!

小久保監督福岡ソフトバンクホークス
この記事は約5分で読めます。

ソフトバンクホークス次期監督候補は?202ソフトバンクホーソフトバンクホークスの次期・来季監督候補は?なぜ弱くなった2022!弱い2021!城島・小久保

工藤監督は2年契約の最終年で、王会長は小久保ヘッドを次期監督として育てようとして“二頭体制”を敷きました。

小久保ヘッドは選手の起用法についても、インタビューでは決まって“王会長から現役時代にこう言われてきた”と口にします。

 王会長も開幕前は『彼(小久保ヘッド)が先頭に立ってやってくれたら、みんなも付いてくる』と背中を押してきたが、さすがに風向きが変わってきた。

選手の起用も含めた攻撃面の采配を一任されている小久保裕紀氏(49)は、借金生活に入った10日、「なりふり構っていられないところまで来ている」と、悲壮感を滲ませた。

ソフトバンクホークスの次期・来季監督候補は?なぜ弱い・弱くなった2022!城島・小久保ヘッド

歴代監督

やはり王会長のイメージが強いですね。

幸一

1990 – 1992

根本陸夫 1

993 – 1994

王貞治 

1995 – 2008

秋山幸二

 2009 – 2014

工藤公康 

2015 – 現在

低迷の原因は貧打です。防御率はリーグ1位ですから、小久保ヘッドの采配に問題があるようです。

昨年は工藤公康監督(58)が選手の状態を見ながら100通り以上のオーダーを組んだが、小久保ヘッドは松田宣浩(38)や今宮健太(29)ら不調の選手をスタメンから外さない。

小久保ヘッドは侍ジャパンの監督経験者でもあり、工藤監督もなかなか口出しできない。

さすがに交流戦前にしびれを切らして、工藤監督が2番に甲斐拓也(28)を抜擢するなどテコ入れを図りましたが、交流戦の打率は11位の2割3分3厘で終わりました。

工藤監督と小久保ヘッドの距離は開くばかりで、若い選手も工藤監督を見ればいいのか、小久保ヘッドを見ればいいのか浮き足立っているともいわれています。

なぜ弱い・弱くなった2021!

今年はそのソフトバンクの調子がなかなか上がってきませんが、それでも他の3チームは怖さがあるはずです。

特にオリックスが最もソフトバンクを警戒しているでしょう。

後半戦最初の対戦では、先発ローテーションを変えて山本由伸投手と宮城大弥投手といった一番手と二番手の投手をぶつけてきましたね。

ソフトバンクの怖さを知っているからこそで、調子が上がってこない今のうちに叩いておこうという感じに見えますね。

ではなぜ2021年はよわいのでしょうか。

方程式!怪我人が多い

トバンクのパターンは、先制して逃げ切る形ですね。

それは中継ぎが強力だからこそできる戦い方ですが、今年はケガ人が多く、後を任せる投手が定まっていません。

その結果、先制しても逃げきることができません。モイネロ投手や森唯斗投手といったキーマンが不在

チャンスで打てない!グラシアル

グラシアルがいないと爆発力がないですね。

今の打線は柳田悠岐選手や栗原陵矢選手への依存度が高い。

ただ、ギータが彼らが打てないと勝てないという戦いが多いですね。

1番、2番は出塁していると思いますが、肝心な3番、4番で返せていないのが現状ですね。

シアル選手がケガから復帰し、中村晃選手にあたりが戻ることが必要かとおもいます。

次期監督候補は城島健司!小久保裕紀

城島健司

新設されるポスト「王貞治球団会長付」として15年ぶりにソフトバンクへ復帰する。

2019年12月20日に福岡市内のホテルで、福岡ソフトバンクホークス会長付特別アドバイザー就任の記者会見を行った。

契約は2020年1月より1年間。2021年度も業務継続中です。日本一に貢献するなど王監督時代の黄金期を支え、捕手として日本選手で唯一メジャーに移籍した「第一人者」の補強で、組織としての強化も進める。

小久保裕紀

2020年12月3日、福岡ソフトバンクホークス一軍ヘッドコーチに就任することが発表されています。

実績は日本代表かんとくとして充分にあります。

ただ、今年のソフトバンクホークスは低迷しています。非難の声があります。

戦力外予想

高谷裕亮(39)

打撃面がもの足りないのは否めず、正捕手の甲斐選手を始め、栗原選手や九鬼選手など若手捕手がどんどん育ってきています。

明石健志(35)

チャンスに強い打撃とセカンド・ファースト・サードと守れて足も速くて器用な選手だったが、年齢も重ねてきて全盛期とは程遠いパフォーマンスになっています。

川原弘之(30)

全盛期はストレートの球速が158㎞を記録するなど期待されていましたが、
度重なる怪我もあり、2015年には支配下選手から育成契約になります。

髙田知季(30)

右足の故障で手術を行ったため去年1軍出場がなく、今シーズンも47試合の出場で打率.182の成績に留まっている。

椎野新(26)

昨年は12試合の登板で防御率は5.73、今シーズンは1軍出場がなく、津森宥紀や板東湧梧など同じ世代の右ピッチャーが一軍に定着し、さらに甲斐野央、田中正義など怪我で結果を残せていないピッチャーも復帰していることから、層の厚いホークスでは戦力外の可能性が高いと予想。

釜元豪(28)

今年でプロ11年目ながらここ2年間1軍でほとんど活躍出来ておらず、今シーズンはわずか4試合のみの出場と厳しい状況です。。

奥村政稔(29)

まだ3年目ながら社会人から入団した選手なので29歳と年齢的にも中堅クラス。

まとめ

城島にも現場経験がないので小久保が既定路線なんでしょうね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました