巨人・桜井俊貴をなぜドラフト1位で指名?肌はストレスで荒れない

こんにちは、ヨシラバーです。

勝利の方程式”入りに猛アピールだ。

2015年ドラフト1位の桜井俊貴についての記事です。

「テンポ良く投げることを意識している。それが継続できて結果につながっている」と話す櫻井は今年は勝利の方程式に入る存在かもしれません。

なんてったてドラフト1位ですからね。

ストレスで肌がアレていると言われません。

桜井 俊貴のプロフィール

出身地 兵庫県神戸市垂水区
生年月日 1993年10月21日
年齢 24歳
身長 181 cm
体重 82 kg
高校

兵庫県立北須磨高等学校

大学 立命館大学

桜井の背番号は「21」でした。

 Ⅴ9時代を支えた高橋一三氏や今季限りで現役を引退した高橋尚成氏に代表されるように左投手の印象が強いが、かつてはエースとして活躍した藤田元司氏や堀内恒夫氏が新人時代につけており、2003年に新人王を獲得した木佐貫洋も背負っていた番号です。

なぜ桜井を巨人はドラフトで指名したか?

 それだけ期待の大きさがわかるが、巨人が最終的に桜井を1位指名に決めたのは、ドラフト直前のスカウト会議でした。

 巨人は、桜井が「公立の星」と言われていた北須磨高(兵庫)時代から、渡辺政仁スカウトを中心にリストアップし、立命館大に進学してからは、益田明典スカウトが4年間マークし、ネット裏から視線を送っていたそうです。

そして、大阪商業大の岡田明丈(広島)、仙台大の熊原健人(DeNA)、そして桜井らが1位候補として浮上した。

 1位指名を誰にするのか――最終的な絞り込みをするため、山下スカウト部長は自ら視察を行ない、10月14日の立命館大と関西大の試合を観戦。

立命館大が勝てば優勝に王手がかかる大一番で、桜井は素晴らしい内容のピッチングを披露した。

延長14回をひとりで投げ抜き、206球、1失点完投勝利という見事な内容で、視察に訪れていた山下スカウト部長の心を奪ったようですね。

チーム菅野は調子がよく桜井 俊貴

この日は菅野が先発し、2番手以降は宮国、中川と、共に自主トレを行った“チーム菅野”です。

オフの自主トレは菅野に電話し合同トレを直談判し、ハワイへとエース菅野と同行しました。そこではさまざまなアドバイスがあり、菅野は「やっぱりポテンシャルは高い」と潜在能力を評価されています。

今回のキャンプでは、その点を修正し、ポテンシャルを発揮するためにも、テイクバックの形や、緩急を付けたフォームを伝授されています。

桜井も昨オフから弟子入りし、体づくりや投球術などを学んだが、昨季は1軍登板なし。

「1軍で活躍することが、菅野さんへの恩返しにもなると思う」と今季の飛躍を誓っている。

桜井 俊貴への原監督の評価は?

チャンスは近づいている。原監督も「めりはりが利いているし、球も走っている。非常に角度もあるしね。いい感じに来ているでしょう」と賛辞を贈った。

まとめ

勝ちパターンの中継ぎを吉川光、クックらを除く若手で争っている右腕。残り試合を全力で投げ抜く。