【巨人】原辰徳は非情なのか?若手にチャンス?精神的支柱がいない?

2018年のオフにこれだけベテランが他球団に移籍・引退するとは考えもしませんでした。ファンの中には功労者に対して非情・精神的支柱が不在という声まで。

しかし、平成も終わりを迎えます。平成生まれの選手がその役割を担っていかなけばならない時が来ているのではないかと思いました。

原辰徳「足し算引き算」

長野・内海らのファンの行き場のない悲しみや怒りは原辰徳や球団に向けられています。そしてこの発言が火に油を注ぐことに。

「非常に残念ですが、ルール上、仕方ない。足し算ばかりではない。足し算ばかりの人生はつまらない。今回に関して足し算は丸、炭谷。引き算は内海、長野だった。シーズン終了後にトータルで答えが出るが、どういう結果になるか。これが勝負です」

“【 #巨人 】原教授のFA計算式…炭谷+丸-内海-長野=プラスに変えろ!「若い選手チャンス」 #巨人 #ジャイアンツ”

精神的支柱に頼りすぎた

2018年シーズンは長野、亀井、坂本らが活躍したシーズンでしたが「3位」と言う結果に終わりました。特に長野のDeNA戦サヨナラホームランは感動しました。しかしベテラン頼りでした。

外野に限った話だと、重信慎之介、和田恋、石川慎吾も2軍で無双していましたがベテラン外野手の壁が厚く一軍ではあまり活躍できませんでした。

坂本勇人「何しに自主トレ来たの?」

昭和生まれの坂本勇人も昨年の自主トレで若手に自覚を促す発言をしていました。

「自覚のある年下の選手は、智之しかいないんです実際。そういう後輩がもっともっと出てきてくれないと、ジャイアンツは強くならない」「何しに自主トレ来たの?メシの時とかに聞けないと何も聞けないじゃん」

若手にチャンスを与える原辰徳

2018秋季キャンプでは、生え抜きではない石川慎吾を野手リーダーに指名しています。

まとめ

長野の移籍にいつまでもショックを受けてばかりではいられません。「長野さんの後継者に!」と名乗り出る後輩が出てくるのを楽しみにしています。