カテゴリー

巨人・阿部慎之助と澤村拓一の師弟関係は?:サイン見落としやがって

阿部慎之助のマスク姿を久しぶりに見て目頭が熱くなったのは私だけではないはず。生まれたときからG党なのでキャッチャーといえば阿部慎之助のイメージが強く残っています。そして先日記事にした澤村の先発転向。これは阿部・澤村バッテリーの爆誕なるか。

澤村拓一と阿部慎之助は師弟関係:サイン見落としやがって

2人は中央大学野球部・商学部の先輩後輩であります。あとは亀井・鍬原もそうですね。

澤村拓一とは

坂本・菅野らとはディズニーシーに行く仲。

出身地 栃木県栃木市
生年月日 1988年4月3日(30歳)
身長  184 cm
体重 102 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月15日
経歴 佐野日本大学高等学校→中央大学→読売ジャイアンツ (2011 – )

阿部慎之助とは

平成最強の捕手との呼び声も高いレジェンド。

名前 阿部慎之助
出身地 千葉県浦安市
生年月日 1979年3月20日
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手、一塁手
プロ入り 2000年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 2001年3月30日
年俸 2億6,000万円(2017年)

同じ中央大学野球部出身者

 この2人は同じ中央大学。バッテリーを組むこともあるので阿部は幾度となく澤村を鬼指導。それは阿部塾と呼ばれていました。

「上原さんの握りを知っていたから教えた。もっと深く握れと。そうすれば球速が落ちるから」
「(助言を)すべて取り入れて、練習で取り組みたい。ガチで吸収したい」

 「150キロのストレートと140キロ台のフォークでは緩急がつかない。『親の敵(かたき)投法』になっている」  阿部が指摘したのは、全力投球の弊害だった。その場で沢村のフォークボールの握りを確認。「上原さんの握りを知っていたから教えた。もっと深く握れと。そうすれば球速が落ちるから」と、2008年まで巨人でエース、守護神...

2012年の日本シリーズ「サイン見落としやがって」

なぜ2人のバッテリーが古参ファンにとって熱いかは、日本一となった日本シリーズ。沢村は炎上しかけますが、阿部の鉄拳制裁で沢村は冷静さを取り戻します。日本シリーズの一勝は大きい。

報道ではこう伝えられています。

2012年10月28日の日本ハムとの日本シリーズ第2戦(東京ドーム)で沢村は先発。一回、いきなり2死球を与え、二死一、二塁のピンチ。打席に稲葉を迎えると、沢村が二塁牽制(けんせい)のサインを見落とした。捕手の阿部がタイムをかけマウンドへ行き、沢村の頭を右手でポカリ。阿部の一撃が緊張を和らげたのか、沢村は稲葉を一ゴロに仕留め、その後もスキをみせずに8回無失点の好投。勝利に貢献した。

阿部が当時を語る

まとめ

澤村と阿部の鉄拳制裁は、強い巨人を象徴する出来事でした。パワハラに見えますが普段の2人の関係性が良好だから出来たことです。

シェアする