カテゴリー

【巨人】#坂本勇人はなぜ神なのか はいつから!全盛期に到来した30歳

こんにちは、ヨシラバーです。

2016年からさらなる変化を遂げ、今年は長距離までアップしています。

坂本勇人にトリプルスリーや三冠王も夢じゃなかったりしています。

ショートでこんなにすごいバッターがいる巨人は強いわけです。

坂本勇人のプロフィールは?

国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県伊丹市
生年月日 1988年12月14日
身長186 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手、一塁手、二塁手[1]
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年7月12日

坂本勇人は27歳までは鳥谷の劣化版とまで言われていた!

当時は鳥谷と比べられることも多かった坂本です。2016年に一気に才能を開花します。

坂本勇人が覚醒した理由は山田哲人へのジェラシーとも言われています。また、松井秀喜からボールのタイミングの取り方を足にするとよいといわれたことも、覚醒した理由ともいわれています。

(23) .262 16本 59打点
(24) .311 14本 65打点
(25) .265 12本 53打点
(26) .279 16本 69打点
(27) .269 12本 61打点
→劣化版鳥谷。ショートにしては良い。

(28) .343 17 54打点

2016年は首位打者!2017年は坂本勇人は首位打者とれず

坂本勇人は、現在打率は3割4分1厘でリーグ2位です。

2018年は、2度目の首位打者獲得となれば、巨人の右打者では長嶋茂雄以来。遊撃手としては史上初でしたが、とれませんでした。

左脇腹の肉離れから復帰し、ここまで全10試合で安打をマーク。猛打賞を3度マークするなど、10戦46打数20安打(打率4割3分5厘)と、ビシエド逆転のシナリオをさらに上回る好調ぶりを見せています。

坂本勇は16年に打率3割4分4厘でタイトルを獲得しているが、守備の負担も大きい遊撃手としては、史上初めてのことでした。

2019年の坂本は長距離までパワーアップ!三冠王?全盛期とまで言われる

2019の坂本選手の大きな変化は、バッティングの時に大きく上げていた足を、あまり上げなくなりました。

これは、2番という打順により確実性に重点を置いた意味も含まれていると思います。

だが、坂本選手はバッティングフォームを変更しても、しっかりと強いスイングが出来ています。

また、後ろに丸佳浩がいることで対戦してもらえる機会も増え打率もあがっているのでしょう。

坂本勇人はなぜ神なのか?

日刊スポーツで坂本勇人は神と言われ始めたようです。きっかけは連続試合出場で長島茂雄を抜き、王貞治に王手をかけたころだったと思います。

巨人坂本勇人内野手(30)が2ラン2本を放ち試合を決めた。今季初登板のDeNA先発東に襲いかかり、1、3回に本塁打。自身開幕から32試合連続出塁で序盤で力強く… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

開幕からの連続出塁を32試合とし、球団では64年長嶋茂雄に並び2位タイに浮上。球団記録の77年王貞治の33試合にも王手をかけた。通算安打も高橋由伸の1753本を超える1754本。「現役の間は実感がないが一線級でやってきた方々と並べたのはうれしい」。老舗球団の「令和初代主将」が、レジェンドの領域へ足を踏み入れた。

twitterでは5月10日頃から言われていますね。

まとめ

坂本勇人は完全に長距離砲になりましたね。松井秀喜に教わったことがよかったのでしょう。

坂本勇人神の偉大さは凄すぎる顔が良いことや人気はもちろんのこと長期離脱しない身体の強さはあらゆる局面において重要になりました。

 それによってチームの士気が上がるし何歳になってもイケメンで一流選手として多くのファンの精神を浄化し保つ事ができるのかがきになりますね。

シェアする