カテゴリー

【ソフトバンク】デニス・サファテの現在・今は2019!落合博満批判も!

デニス・サファテ投手が4日に米国へ一時帰国すると発表した。昨年4月に手術を受けた右股関節の経過観察のためです。
 来日9年目のサファテは調子が上がらず、2軍で調整していました。

サファテとは?

サファテはソフトバンクの守護神ですが、その前は西武・広島でも活躍していました。なぜ手放してしまったのでしょうか。

プロフィール

1981年生まれ。同じ年は脇谷・鳥谷・青木・川崎・糸井などがいます。

出身地 アメリカ ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
生年月日 1981年4月9日
身長体重 193 cm102 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴 アストロズ→オリオールズ→広島→西武→ソフトバンクホークス

表彰は?

2017年に外国人選手初の正力松太郎賞、月間MVP:2回 (投手部門:2016年5月、2017年8月)など受賞しています。

2018のサファテは?落合批判も話題になる

結論から言うと2018年はサファテは6登板したのちにけがで離脱中。現在はアメリカで療養中です。

開幕直後にけが

サファテは2018年から3年契約を結んだばかりですが、開幕直後に負傷し、4月26日には右股関節鏡視下関節唇修復術を受けた。現在は米国でリハビリを受けています。

「浅尾拓也と言う才能を潰した」落合を批判?

中日の浅尾拓也についての発言で注目されていました。問題となったサファテの発言はこちら。

サファテ「あれはドラゴンズが犯した過ちだった。毎日イニングまたぎをやっていた。彼は私が今まで見てきた中でも最も優れた能力をもつ投手だったが、残念だ」。さらにハッシュタグをつけ「俺たちはロボットではない」「自分の肩を守れ」と訴えた。

ただこれについて浅尾拓也は反論しています。

浅尾拓也「サファテさんがそう言ってくれることは、素直にすごくありがたいです。でも自分は今でも使ってくれた落合(博満監督)さんや森(繁和。当時はヘッドコーチ、現監督)さんには感謝しているんです」

金足農の吉田輝星が甲子園で史上2番目に多い881球、秋田大会を含めると1カ月余りで1517球を投げた。酷使か美談か。現在か将来か。

2009年のサファテは?帰国となった

オープン戦で離脱以来の実戦登板に望むも、直球が140km/h台に落ち込むなどリハビリ明けということもあり物足りない結果に終わったために開幕一軍入りとはなりませんでした。

5月中盤にブルペン投球を行ったが、実戦登板のメドは立たず。早期1軍復帰を目指し、信頼する米国の主治医に診てもらうことを決めたようです。

今季は1軍登板がなく、通算250セーブまであと16のままです。

工藤監督は「大事なのは本人が納得するかどうか。チームも大事だが、個人も大事」と理解したようです。

まとめ

けがで離脱する人が多いですね。守護神としての活躍を見てみたいです。

シェアする