【阪神】日ハムレアードを獲得・移籍?高年俸の成績か!

こんにちは、ヨシラバーです。

日本ハムのブランドン・レアードの獲得調査を本格化させていることが、判明しました。

「広い札幌ドームであれだけ一発が打てるのは一番の魅力。甲子園なら最低25発は約束されたようなもの。去年と今年は打率こそ悪いが、1年やってきて日本の配球に慣れてきた。何よりも仕留める球を確実に打てるからいい。(獲得できれば)補強ポイントは解消できる」

と関係者は話しています。

ブランドン・レアードのプロフィールは?

生年月日 1987年9月11日
身長
体重 185 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手、一塁手
プロ入り 2007年 MLBドラフト27巡目
初出場 MLB / 2011年7月22日 オークランド・アスレチックス戦

レアードの応援グッズはこちら

レアードの日本ハムでの通算成績は?

2016年にホームラン王を獲得していますが、打率はそれほど良くないですね。ただ、打点は90点近くを毎年コンスタントに残しており、チャンスには強いと考えますね。

また、日本シリーズMVPまで獲得しています。



O
P
S
2015日本ハム1435546211534.231.789
20161435987114439.263.835
20171375715611532.229.767
NPB:3年4231723189374105.242.798

なぜ阪神はレアードを調査しているのか!レアードの年俸から狙えると考えた

今季はロサリオを獲得し、四番バッターとして期待をしていましたが、全く活躍ができず退団となる可能性が高いです。

開幕以降も4番打者に固定され続けていたが、次第に精彩を欠くようになり不振に陥った。

 開幕31試合目に当たる5月12日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)で初めて4番を外れ、この試合以降も5番打者や7番打者としてのスタメン起用で復調を図ったものの調子は戻りませんでした。

こんにちは、ヨシラバーです。 阪神タイガースもいろいろと動きが出てきておりますね。 2018年度の阪神の不調は金本監督の采配とロサリオだといわれていました。 そのロサリオが退団する運びへとなりました。 ロサリオのプロフィールは? 生年月日 1989年2月23日(29歳) 身長 体重 180 cm 100 kg 選手情報...

レアードの契約は2018年まで

阪神関係者は、「レアードの契約が今季で終了します。近年、阪神が外国人選手で失敗していますが、渉外担当者に言うのは、レアードを指して『ああいうのが欲しいんだよ』なんです」と話しています。

レアードの年俸は推定2億5000万円です。残留交渉となれば、「3億円スタート」です。

 チーム総年俸約24億円の日本ハムからすれば、「今季以上は払いたくない」はずです

日本で実績のあるレアードを獲得することで、2018年度のようなことは起きないようにすることを考えています。

阪神は日ハムの中田翔も狙う

一塁でポジションが重なる清宮に球団は力をいれております。

 清宮は左翼練習も行っているものの、打撃はおろか、守備にもたける中田がいる限り、清宮が一塁に割って入るのは容易ではないが、日ハムという球団は生え抜きをあまり大切にしないイメージがありますよね。

そこで中田は阪神への移籍を昨年から狙っていました。

こんにちは、ヨシラバーです。 阪神タイガースは2018年は4番ファーストを打つ予定であったロサリオがファンを大きく裏切り、ファーストが不在...

まとめ

最下位になる可能性もある阪神タイガースですが、高年齢化も進んでおり、実績のある助っ人に頼りたくはなりますよね。