カテゴリー

DeNAベイスターズの次期監督2019?ラミレスはクビ・解任か?

ベイスターズが10連敗です。ラミレス監督が途中解任・クビもあるのではとの声もあがっています。

チーム打率は2割1分2厘と低調であり、特に17年の首位打者、宮崎が打率1割7分5厘と、どん底だです。守備は今季の13失策のうち、9個が連敗中に集中しています。

次期監督候補は誰になるのでしょうか。

佐々木主浩

ハマの大魔神の愛称で有名でメジャーリーグでの活躍も経験した佐々木です。

全盛期は防御率0点台を叩き出す絶対的なクローザーであり、渡米してからはイチロー選手や城島選手と共にマリーナーズでクローザーを務めまています。

監督業を行なうにあたってはある程度区切りをつけてからというのが条件となるでしょう。野球に関わってはいる佐々木さんですが、現場復帰のタイミングは馬主としての活動次第になりそうです。

こんにちは、管理人のよしです。 最近上原が調子悪いですね。上原ファンとしては残念ではありますが、同じく活躍した佐々木の成績も気になりますよ...

中畑清

中畑さんは自分自身が大卒4年目でようやくポジションを奪った苦労人です。

 1979年の地獄の伊東キャンプも経験し、若手が育っていた1980年代の巨人を知っている人間で、実際にDeNAの監督となりました。

 筒香嘉智など現在の主力のほとんどを育てました。

当時二軍の筒香嘉智・梶谷隆幸の才能を見抜いて主力に成長させ、先発としてドラフト指名した山崎康晃をオープン戦後にはクローザーに抜擢するなど、育成面でも手腕を発揮。選手を見る眼もたしかです。

人気面を重要視するDeNAは中畑にする可能性もあるのではないでしょうか。

こんにちは、ヨシラバーです。 高橋由伸監督は混乱していると思いますよ。3年目の来季は優勝できなければ、オフには契約満了という名の解任が待っ...

三浦大輔

ファンからの圧倒的人気を誇るハマの番長三浦大輔です。

2016年に現役を引退した三浦さんはチームに初の準永久欠番を残し特別アドバイザーといった肩書きでチームに残り指導者としての勉強をしていると球団の公式動画で紹介されています。

過去の大洋生え抜きの監督のケースでは山下監督や田代監督は一度二軍監督等を経験してから監督になったことがあり、よほどの事情がない限りある程度の経験を積んでから監督になるでしょう。

現在は投手コーチです。

リーグ5位に沈んだチーム防御率4・20が、CS進出を逃す一因ともなった。

 中でも先発陣は安定感を欠く内容が続き、同5位の防御率4・32

 ローテーションの柱と期待されていた今永、石田、浜口、ウィーランドが故障や不振などで精彩を欠いたことが大きく響いた。浮上には、先発投手の強化が急務であります。

三浦には期待されているでしょう。

 こんにちは、ヨシラバーです。  三浦大輔が、コーチに復帰しそうです。  今永、石田らの能力だけでなく、性格面も熟知しているますのでうっ...

桑田真澄

桑田真澄は他のチームのユニホームも着ると発言しています。

巨人では原辰徳やナベツネと関係性がよくないといわれていますからね。

「今年で50歳なので、勉強もそろそろ終わりかなと。今度はプロ野球の指導者としてユニホームを着たいなと目標を持っています。チャンスがあればユニホームを着たい。どの球団でも話をいただけたら行こうと思っています」と語った。一方で「現場は5年前後」と、その先は球界全体を良くしていくことに力を注ぎたいという思いを熱く語ったています。

こんにちは、ヨシラバーです。 由伸監督が強くなるのが望ましいのですが、今年は最下位であり、契約が切れるとしであります。 将来の監督候補と...

まとめ

ラミレスや中畑清と巨人のOBばかりなので、次期も巨人の監督になる可能性はあるのではないでしょうか。

シェアする