【広島カープ】野間峻祥が背番号9、3番、センターへ!丸佳浩の継承・後継

丸佳浩の移籍を悲観的ではなく好意的に捉えるファンも。センターのポジションが空くため、今までチャンスが巡ってこなかった若手選手がレギュラーの座をゲットできる可能性が高まっています。

若手の層が厚いので複数人が候補に上がっていますが、誰になるのでしょうか?

野間峻祥「僕にとってチャンス」

守備に定評がある野間にセンターを期待する声が一番多い気がしますね〜。怪我がなければ大ブレイクしたかもしれません。

出身地 兵庫県三木市
生年月日 1993年1月28日(25歳)
身長 体重 180 cm 83 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
2014年 ドラフト1位
経歴 神戸村野工業高等学校→中部学院大学→広島東洋カープ (2015 – )

野間「僕にとってチャンス」

契約更改で野間はこう語っていました。ご飯はどうするのでしょうか?

「丸さんにはプロに入ってからずっとお世話になった。
さみしい気持ちはあるけど、僕にとってはチャンス。これを逃すと次はない」

“丸の抜けた穴。 守備面は、センター野間で目処は立つ。 攻撃面は、無くなる丸の打点を嘆くよりも、チーム防御率を改善できれば、充分戦える。 それよりも怖いのは、丸が出たんだからという来年〜再来年のFAの連鎖。その意味で今年の契約更改は重要で、球団の能力が試される。”

下水流昴「レギュラーで出たい」

サヨナラホームランを放つなど勝負強さで今年大ブレイクした下水流。年齢的にも正念場でしょうねぇ。

名前 下水流昴(しもずるこう)
出身地 神奈川県横浜市青葉区
生年月日 1988年4月23日(30歳)
身長 体重 178 cm 88 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
経歴 横浜高等学校 →青山学院大学 →Honda→ 広島東洋カープ

下水流「レギュラーで出たい」

サヨナラホームランの表彰で丸を意識したコメント。

「丸がいなくなって、弱いと言われないように。自分もレギュラーで出られるように」

野球情報満載デイリースポーツ/下水流“ポスト新井”へ猛アピ弾 日本シリーズの悔しさ糧に競争勝ち抜く

西川龍馬

本職は内野手ですが、外野練習を始めたということは丸を意識しているのでしょうか?3番も狙えるという声も。

 広島の秋季キャンプが11日、宮崎県日南市の天福球場でスタートし、西川龍馬内野手(23)が本格的に外野の守備練習に着手した。 「きょうは守備に始まり、守備で終わりました」。午前9時から始まった秋季キャンプ初日。

名前 西川龍馬(にしかわりょうま)
出身地 大阪府大阪市港区(島根県出雲市生まれ)
生年月日 1994年12月10日(23歳)
身長 体重 176 cm 72 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手 遊撃手 一塁手
経歴 敦賀気比高等学校→ 王子→ 広島東洋カープ

“丸は確かに打力と守備範囲は素晴らしい。 ただ肩は今ひとつ。 強肩の野間をセンターで使えて、レフトとファーストをバティスタ・松山・西川・安部らで争える。 後任の三番に誰を置くかね。 俺なら西川だな~。”

堂林翔太

結婚して女性人気は低下してしまいましたが、二軍で活躍しているという声もあります、。頑張れ、堂林!

出身地 愛知県豊田市
生年月日 1991年8月17日(27歳)
身長 体重 183 cm 88 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手、一塁手、三塁手
経歴 中京大学附属中京高等学校→ 広島東洋カープ (2010 – )

“ともかく……来シーズンはセンター堂林だな。”

まとめ

野間になりそうな気がしますが、その他の選手層も厚くて羨ましい。