2019広島カープ予想オーダー!ポスト丸は西川や野間

こんにちは、ヨシラバーです。三年連続シーズンを制覇してるいますが、2年連続MVPであることにより、ポスト丸は誰かが話題となっています。

西川や野間が期待ですね。

2019広島カープ予想オーダー

予想はこんな感じ。

1(遊)△田中広輔
2(二) 菊池涼介
3(左)△西川龍馬
4(右) 鈴木誠也
5(一)△松山竜平
6(中)△野間峻祥
7(三)△安部友裕
8(捕) 會澤翼
9(投)――

その他の主な野手はこんな感じ。

(捕) 石原慶幸
(捕) 磯村嘉孝
(内) 小窪哲也、
(外) メヒア
(外) バティスタ
(外) 下水流昂

※△は左打ち

ポスト丸のセンターは野間

野間は今季、鈴木が開幕直後に「下半身の張り」で離脱すると「7番・右翼」で出場機会をつかんでいます。

4月下旬に鈴木が復帰。入れ替わるように丸が「右太もも裏の筋肉挫傷」で登録を抹消されると「中堅」に回って3割5分以上の打率を残し、6番に上がりした。5月末に丸が復帰後は「左翼」に定着。夏場に田中が打撃不振に陥ると7月中旬から約1カ月間、1番を任された。118試合で打率・286、5本塁打、46打点、17盗塁。4年目で初めて規定打席に到達した。

ポスト丸の三番バッターは西川龍馬

打撃で期待されるのは西川龍馬内野手(24)です。

主に三塁で起用され、107試合で打率・309、6本塁打、46打点。秋季キャンプでは外野守備にも挑戦。「ポジションにこだわりはない。とにかく試合に出たい」と力を込めています。

来年1月は対照的なオフを過ごす。野間は本拠地マツダスタジアムと広島市内のスポーツジム「アスリート」で体力強化を徹底。一方の西川は日本ハム・近藤と鹿児島・徳之島で合同自主トレ。持ち味の打撃に磨きをかける。

鈴木誠也は不動の四番へ

鈴木誠也の2018年度の活躍は?

2018年は、下半身の張りで登録抹消。

5月23日時点で打率.234と低迷したがそこから調子を上げ、8月には月間打率.414、12本塁打です。

9月には自身初めて30本塁打の大台に到達し、4番打者として3割30本塁打をクリアしチームの3連覇に大きく貢献した。

2年続けてで、16個と2ケタをクリアしていた盗塁数は前年の故障もあり4個にとどまりましました。

ただ、体も大きくなり、背番号も1と変わり、より大きくなるでしょう。

まとめ

広島カープの場合、丸の抜けた穴を若手が埋められるか。

また、投手陣の活躍はどうなるかが、2019年の鍵となりますね。