【阪神】岡本洋介の成績は?西武からトレードの理由とは?

こんにちは、ヨシラバーです。

西武で活躍している榎田大樹との交換トレードで阪神タイガースへ移籍となった岡本投手ですが、中継ぎで活躍している中、メッセンジャーが不調のなか先発で登板することになりました。

岡本 洋介のプロフィールは?

出身地 和歌山県西牟婁郡すさみ町
生年月日 1985年9月27日(32歳)
身長 177 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト6位
初出場 2010年4月20日

岡本 洋介の西武での成績は?

39試合 13勝16敗12ホールド1セーブです。

岡本 洋介の阪神での活躍は?

2018年4月21日に移籍後初めて一軍登録されると、翌22日の対巨人戦にて5番手として8回表から中継ぎ登板し移籍後初登板を果たします

その後は昇格・降格を繰り返しながら、一軍公式戦では主にロングリリーフや敗戦処理として登板を重ね、7月26日の対広島東洋カープ戦で初回途中で降板した先発・藤浪晋太郎の後を受け2番手として登板した際には、3回裏にプロ入り後初安打を記録します

一軍公式戦21試合目の登板となった9月1日の対横浜DeNAベイスターズ戦(甲子園)では、1点ビハインドの5回表に2番手として中継ぎ登板し1回を無失点に抑えると、その直後にチームが逆転しそのまま試合に勝利したため、移籍後初勝利を挙げています。

岡本 洋介が移籍後初先発へ

岡本が9月になり、移籍後初先発することが濃厚となりました。

岡本はすべて中継ぎで25試合に登板で、防御率は4・24ながら、主にロングリリーフとして9試合で1回1/3以上を投げてきています。

岡本 洋介が先発なのもメッセンジャーが調子よくないため

メッセンジャーは、日米通算100勝にあと1勝とリーチをかける中、首脳陣も苦渋の決断で2軍での再調整を命じています。

2018年の成績は、今季25試合に先発して11勝(7敗)はチームトップであります。

こんにちは、ヨシラバーです。 阪神の絶対的エースであるメッセンジャーが登録抹消となりました。 他に頼るピッチャーも少なくCSに出場できる...

まとめ

阪神タイガースも夏前には先発が球界一揃っていると思われたものですが、岡本が先発に投げるまで投手がそろっていません。

若手を育てることができない、金本とでもいいましょうか。