巨人仁志敏久は常総学院のOBで木内幸男監督?のびのび野球

こんにちは、ヨシラバーです。

仁志敏久ですが、侍ジャパンU12の監督をしておりますが、常総学院での木内監督との教えが監督として色々と経験に生きたとはなしています。木内監督とはどのような関係だったのでしょうか。

こんにちは、管理人のよしです。 巨人では、守備上手いしパンチ力あったしキャラも立ってるし 、仁志敏久は毎日TVでみていたのですが、最近の生...

仁志敏久のプロフィールは?

出身地 茨城県古河市
生年月日 1971年10月4日
身長 171 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手、三塁手
プロ入り 1995年 ドラフト2位(逆指名)

仁志敏久は茨城県に生まれ、小学4年生から野球を始め、中学時代に常総学院の名将・木内幸男監督の紹介を受けたことがきかっけで、同行へ進学しました。

読売ジャイアンツと横浜ベイスターズで活躍した仁志敏久さん。二塁手として、チームのピンチを幾度も救い、予知能力ともいえる好守備で人気を博しました 侍ジャパンU-12の監督としてもチームを勝利へと導き、2016年にはアジアの頂点へと登りつめました。野球を通じて、自らが率先して考え、行動できる子どもの育成を目指す、仁志敏久流...

常総学院は甲子園の常連で木内監督との出会い

常総学院は、1985年の学校創立と同時に野球部も創部され、前年、取手二高を日本一に導いた木内幸男監督を招聘しました。仁志は常総学院へと進学しました。一年生ながら仁志のプレーぶりは木内監督の目に止まるようになる。そして、夏の大会前には1年生ショートとしてレギュラーになりました

すでに前任の取手二高で実績のあった木内監督は、わずか3年で常総学院を甲子園に初出場させます。夏の大会では仁志が1年生で唯一レギュラーとしてスタメン出場します。

小柄ながらも甲子園でランニングホームランを放つパンチ力を見せて、チームの準優勝に大きく貢献しました。決勝では春夏連覇を決めた立浪片岡野村率いるPL学園に敗れたものの立派な準優勝でしたね。その後も、3年連続甲子園出場という実績を残して早稲田大学へ進学します。

木内監督と仁志敏久の関係は?

木内監督は選手に細かい指示は出さず、選手たちは自分で考えて正しい答えを導きださなければなりませんでした。「難しさもありましたが、そうした『考える力』を身につけさせてくださる監督はなかなかいません」とのことでした。

巨人で、セカンドというポジションは意外と自由に動いたり、自分の哲学的なことを出来やすいポジションなので、常総学院時代の木内監督の教えが、そこに生きたのではないかとはなしています。

仁志敏久が茨城に感謝常総に感謝

 常総学院OBで巨人などで活躍した仁志敏久氏(46=U12侍ジャパン監督)が茨城大会の開幕戦の始球式に登場した。

茨城大会の開幕戦の始球式に登場し、「意義のある大会で(の始球式は)光栄。緊張しました。100キロ超えて良かった」「茨城で成長させてもらった」と話をしています。

まとめ

仁志敏久は性格が尖がっていると有名でしたが、それでも木内監督の指導力に従って大きく育ったんですね。