カテゴリー

【巨人】岡本和真は二岡コーチや村田修一や阿部慎之助が育てた

こんにちは、ヨシラバーです。

まさかこれほどまでに活躍するとはファンの誰もが信じていなかったのではないでしょうか。岡本は今やG打線の中核で立派な4番バッターになろうとしています。

岡本和真のプロフィール

岡本和真(おかもとかずま)
出身地:奈良県五條市
出身中学:五條市立五條東中学校(橿原磯城リトルシニア所属)
身長:183cm
体重:95kg
ポジション:ファースト/サード
投/打:右投げ/右打ち

岡本和真は前半戦

岡本和真は前半戦の活躍を下記のように話しています。

 「ファームにいたときと比べると疲れはありますが、気持ちは充実しています。(成績は)出来過ぎです。僕は試合に出るためには打たないといけない。『毎日結果を出さないと』という思いでやっています」

すこし疲れているのは新倍ですが、夏からが勝負かもしれません。

阿部と亀井が岡本への評価

阿部は「ふくらはぎとか、足の太さが半端じゃない。体が強いから試合に出続けることができる」と話をしています。

亀井は「技術を試合でしっかり出せる精神力がすごい。打てなくても(心が)折れない。へこまないし、動じない。年でいえば、まだ大学4年なのに」と話しています。

2軍で3年間下積みを積んで体をしっかり作ってきたことも無駄ではなかったのかもしれませんね。巨人ファンは結果を早く求める傾向がありますからね。

それではこのような体つきやメンタルはどのように身に着けたのでしょうか。

岡本和真がバッティングで意識していること

一つ目は二岡コーチとの練習

上半身のバットのヘッドが投手側に入りすぎる癖があるんです。そこを真っすぐ立てていこう、としたそうです。

一つ目は松井秀喜

下半身は(春季キャンプで臨時コーチを務めたOBの)松井(秀喜)さんから。軸足に重心を残すことを教わったそうです。

坂本勇人もバッティングについて、松井より同様の指摘を受けて、首位打者をとっており、もし巨人の指導者にでもなってくれればよい選手がもっと増えそうなのに、残念ですね。

岡本和真がメンタルで意識していること

メンタル面は村田(修一)や西武中村から学ぶ

中村からは、『まずはとにかく強く振れることが大事。細かい修正は実戦が始まってからでいい』と教わったそうです。

だからキャンプ中はメチャクチャなスイングに見えたでしょうが 周りからは心配されましたが、ちゃんと考えてやっていたそうです。

まとめ

ベテランの数多くの助言を受け、迷走の末に潰れていったケースは多々あるなか、「僕、受け流せるほうなんで」とのこと。実はこの受け流せる能力が一番の飛躍の原因だったりしているのではないかと考えています。

シェアする