カテゴリー

侍ジャパンで不調の坂本勇人が復活へ!優勝に必要なキーマン

巨人ファンに待ちに待っていた坂本勇人がついに目覚めそうです。

坂本勇人の大会前の発言

今でもシーズンの開幕戦は「楽しみでワクワクした気持ちと不安が入り交じっている状態」で迎えるといいます。

日本中が応援する大舞台の開幕戦はシーズン以上に計り知れない重圧もかかるはずです。

 「緊張は抑えられない。そこが問題なんじゃなくて、そういう中でどうプレーするかが大事なんです」

とコメントしていました。

坂本勇人に変わり山田哲人がでても代打で拍手

5日のベネズエラ戦では1番スタメンも4打数無安打2三振。8回の反撃機で代打・山田を送られていました。

絶不調の坂本勇人に代打山田哲人がでました。本来であれば巨人であればショックでしたが、山田哲人のホームラン未遂に大拍手です。

坂本勇人の初ヒット

4回に今大会初安打となる左前打を放つなど3打数2安打。復調の裏には稲葉篤紀監督の“金言”がありました。

坂本勇人は「何番というより、何とかチームが勝てるようにと思った」と答えています。

稲葉監督は?

「復調がチームにとって大きい。きっかけを作ってもらえないかと、今日もスタメンで使いました」と安堵の表情。

しっかり打ちたいという気持ちが強すぎて、左足を上げた時に左足が固い気がした。『もう少し柔らかく使ったらどうだ』という話をしました。今日の中で迷いはなかった。打順を下げて楽なところで打たせたらどうだ、と」

とコメントしています。

シェアする