岡本和真と亀井善行の奈良県コンビ!5/10のヒーローインタビュー

こんにちは、ヨシラバーです。

5月10日の巨人は球団10年ぶりとなる23安打を放ち、今季最多の19得点で大勝しました。

 5点差を追いついた直後の5回、岡本、亀井の奈良出身コンビが連続アーチを放って逆転勝利をたぐり寄せました。

岡本和真のプロフィールは?

出身地 奈良県五條市
生年月日1996年6月30日
身長体重185 cm96 kg
投球・打席右投右打
ポジション一塁手、三塁手、左翼手
プロ入り2014年 ドラフト1位
初出場2015年8月28日
年俸8,000万円(2019年)

亀井善行のプロフィールは?

出身地 奈良県大和郡山市
生年月日 1982年7月28日
身長 178 cm
体重 82 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2004年 ドラフト4巡目
初出場 2005年7月9日

岡本和真に17試合のホームラン

岡本に17試合ぶりとなる8号ソロが飛び出しました。

 5回先頭で迎えた第3打席。2ボール1ストライクからの4球目、小川の内角の速球を左翼席をホームランにしました。

 4番はヒーローインタビューで「ここ最近長打を打っていなかったので、走り方を忘れました」と話し、ジャイアンツファンは笑っていました。

亀井善行も4号ソロ!ヒーロインタビューで奈良県民をアピール

 岡本の一発の直後、同じ奈良県人の亀井が続きました。

 小川の初球をとらえ、左翼席へ4号ソロです。

 2者連続弾に亀井は「岡本師匠がいいホームランを打ってくれたので、奈良県民の誇りです」とG党を再び笑わせた。

そして「(岡本と)2人で話すんですけれど、2、3番(坂本勇と丸)の出塁率がすごくて、いつも『プレッシャーかかるなぁ』って話をしているんですけれど」と、またも大勝でご機嫌のファンの爆笑を誘い「僕と和真がしっかり打てばチームが勝つと思うので、もう少ししっかりしないといけないなと思います」と話していました。

まとめ

岡本和真と亀井のヒーローインタビューは本当に和みましたね。ヤングマンが打たれてしまい、負けを覚悟してたところで大逆転劇です。

ゲレーロやビヤヌエバがいなくなったところでホームランバッターがいなくなったところで、この奈良県民の二人がホームランを打てば外国人選手はいらなくなるでしょうね。