阪神・木浪聖也の背番号はホンダから!京田との関係は?

こんにちは、ヨシラバーです。

紅白戦では見事なインコースをさばき、イケメンであるため、関西地方の阪神ファンには突然人気がでた木浪です。

小技もできる左打者で守備がうまい同タイプだけに、このまま木浪が結果を出し続ければ首脳陣も頭を悩ますことになります。

鳥谷にとってかなりの脅威で、うかうかしてはいられないだろう」と背水の陣で遊撃奪取を狙うにも驚異的な存在です。

背番号0に対する想いや京田との関係をおってみました。

木浪 聖也(きなみ せいや)プロフィール

生年月日:1994615
出身:青森県青森市
身長:178cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手
経歴:青森市立篠田小学校青森山田中学校青森山田高校亜細亜大学→Honda

青森市立篠田小学校1年時に、軟式野球チームに入団し野球を始め、青森山田中学校時代は同校の硬式野球部に所属しました。

青森山田高等学校では1年からベンチ入りし、主に二塁手と三塁手を務めましたが、甲子園出場はなしでした。

木浪 聖也背番号0に対する思い

アマチュア時代に着けていた番号をそのままプロでも使用する場合の多くはドラフト上位指名選手が多いのだが、木浪聖也は3位指名ながら、「0」番を背負うことにならました。

俊足巧打の遊撃手という触れ込みなら、17年まで在籍した大和(DeNA)にプレースタイルが似ているという、意図もあるだろうが、木浪は素直に「0」への思いを口にした。

「0をつけて、野球人生がいい方向に大きく変わった。この番号をもらえて、本当に感謝しています」。

社会人・Honda時代に着けていた番号で、プロへの道が開けていきました。

木浪と京田は高校時代は同級生

木浪はかつてのチームメートとの対決を熱望した。「早く同じ舞台でやってみたい気持ちがあります」と心を高ぶらせる相手は、17年セ・リーグ新人王の中日京田です。

青森山田では同学年で、京田が遊撃、木浪は三塁を守っていた。

ドラフト後には京田からLINE(ライン)で「おめでとう」と連絡を受け、「ありがとう。お互い頑張ろう」と返信していた。

直接対決をいち早く実現させるため、開幕1軍入りに意欲を見せる。「それ(開幕1軍)が一番頭にあります」と話しています。

まとめ

京田も根尾が入り、不動のショートではないかもしれません。

頑張って欲しいすね。

シェアする