カテゴリー

阪神・木浪聖也の評価・ドラフトは?守備はショートで鳥谷北條と争う

こんにちは、ヨシラバーです。

今年の阪神タイガースのショートは、鳥谷が復活し、昨年怪我をしてしまいましたが、北條もいます。

そこにドラフト3位の木浪がアピールしています。

木浪 聖也(きなみ せいや)プロフィール

生年月日:1994615
出身:青森県青森市
身長:178cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手
経歴:青森市立篠田小学校青森山田中学校青森山田高校亜細亜大学→Honda

青森市立篠田小学校1年時に、軟式野球チームに入団し野球を始め、青森山田中学校時代は同校の硬式野球部に所属しました。

青森山田高等学校では1年からベンチ入りし、主に二塁手と三塁手を務めましたが、甲子園出場はなしでした。

亜細亜大学では

亜細亜大学に進学すると、1年春から出場し、3年春からは主力としてプレーします。

3年秋と4年春にはリーグ連覇を、1年時と3年時には明治神宮野球大会での優勝を経験した。

リーグ通算40試合出場で、110打数26安打、打率.236、0本塁打、7打点、7盗塁でした。

社会人Honda

1年目から三塁手兼二塁手でレギュラーを確保します。

同年の都市対抗野球大会では1回戦で決勝3ランを含む4打点を記録します。

2年目からは遊撃手に定着し、都市対抗までは「1番・遊撃手」として活躍、都市対抗後は主に「3番・遊撃手」として活躍しています。

北条や鳥谷とショートを競えるか

沖縄・宜野座キャンプの初実戦となった紅白戦に紅組の「7番三塁」で出場し“プロ1号”を放ちました。

「最初は緊張していたので、結果が出てホッとしています。結構インコースに強いボールが来ていたので、反応で回ったらホームランになった。どこまで飛んだのかは見れてないです」とコメントを残してます。

矢野監督も「打撃でアピールできたのはチャンスが広がる」「本当に難しい球だと思う。反応であそこまで飛ばせるのは木浪のプラスアルファの魅力。ツボにハマれば、ああいう打撃ができる。打撃でアピールできたのはチャンスが広がりますよね」と手放しで絶賛しています。

北條、鳥谷らがひしめく遊撃争いになるでしょうか。

まとめ

鳥谷は年齢、北条は怪我をしやすい。もしかしたら、ショートのポジションを奪えますでしょうか。

ユーティリティ性の高さも持ち味で、社会人時代も1年目は二塁や三塁での出場が主だったが、2年目以降は遊撃のレギュラーに定着、内野のどのポジションも守れるという強みは、開幕一軍入りに向けては大きな武器となる。

シェアする