大山悠輔のドラフト!評価は?!なぜ悲鳴のエピソード!金本 知憲のおかげ?

こんにちは、ヨシラバーです。

阪神金本監督のスペシャルお気に入りの大山 悠輔はなぜドラフト一位だったのでしょうか。

阪神ファンのなかでも謎のドラフトといわれており、現在ではまだその活躍をしていないのが現実でありますね。

阪神・大山悠輔のドラフトの評価!なぜ悲鳴!金本 知憲のおかげ?

大山 悠輔のプロフィールは?

出身地 茨城県下妻市
生年月日 1994年12月19日(23歳)
身長 181 cm
体重 84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手、二塁手、三塁手、外野手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年6月23日

阪神のスタメン2020は?

2020年度の阪神タイガースは、開幕外国人8人体制の可能性が高いようです。阪神タイガースの2020年開幕投手とスタメンを予想しました。 阪神タイガースの開幕スタメンや打順はだれになるでしょうか。新補強情報もお伝えします。 シーズン日程残り10日の時点ではCS進出確率は1%ほどだったが、そこから破竹の6連勝。カープを0....

大山 悠輔はなぜドラフト1位で阪神へ!金本との関係

阪神が大山悠輔をドラフト1位で指名した、その瞬間報道陣は「えぇ~っ」。ファン1000人を埋めた会場からは、どよめきにわずかなブーイングが交じったそうです。

この究極の決断、大山のドラフト一位は金本が決めました。

金本監督は、大山の1位指名が決まったのは、ドラフト会議直前の20日昼のスカウト会議だったことを明かし、 「ぼくが言い出しっぺだったが、みんな『いいんじゃないか』と言ってくれた」と高評価していたことを強調しています。

そのほかに金本は下記のようにコメントしています。

「今のチームの現状を見た時に、若手のホープといいますか、投手と野手の数の差をみんなで検討しまして、ウイークポイントは野手ということで、満場一致で決まりました」

高校や大学での活躍をするとドラフト1位で指名するほどでもないようにも思えますが、金本監督の感というものがあたるのでしょうかね。

大山 悠輔のドラフト1位に各球団は?悲鳴?謎

阪神の謎ドラフトと球界で笑われてます。

投手豊作とされ、野手の注目選手はほんの一握りでした。大山は大学侍ジャパンの4番ですから、いい打者とは思いますが、マスコミ各社の候補者リストでもBランクだったはずです。

その他、田中正義(創価大)を1位指名する球団が、当たりくじを引けなかった場合は大山を外れ1位で指名するという情報を得たようの声もありました。

まとめ

大山は2018年が勝負の年だと思います。糸原の本職はサードであり、来年度FAで獲得し、セカンドを浅村が守ったら、守る場所がファーストになるかもしれません。

ただ、ファーストはバッティングがよくないと、外国人が守ることが多いチームですので、どうなるのか気になるところですね。

糸原健斗の年俸ですが、6000万円です。チャンスでの強さがかわれてのアップですね。 来年は守備とアベレージを期待したいところです。

よろしければフォローをお願いします