大山悠輔の年俸2021!ドラフトの評価は悲鳴で涙!性格が優しいくかわいい!巨人ファン

この記事は約4分で読めます。

大山悠輔が怪我!復帰はいつ!現在・今は?ドラフトの評価!なぜ悲鳴!金本 知憲のおかげ?

阪神金本監督のスペシャルお気に入りの大山 悠輔はなぜドラフト一位だったのでしょうか。

阪神ファンのなかでも謎のドラフトといわれており、現在ではまだその活躍をしていないのが現実でありますね。

阪神・大山悠輔の年俸!ドラフトの評価は悲鳴・涙!性格が優しいがかわいいためアンチも!

大山 悠輔のプロフィールは?

出身地 茨城県下妻市
生年月日 1994年12月19日(23歳)
身長 181 cm
体重 84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手、二塁手、三塁手、外野手
プロ入り 2016年 ドラフト1位
初出場 2017年6月23日

大山悠輔の年俸!

一億円プレイヤーになりました。

年度年俸(万)差額年齢球団
202110000530027歳阪神タイガース
20204700170026歳阪神タイガース
2019300050025歳阪神タイガース
20182500100024歳阪神タイガース
20171500023歳阪神タイガース

ドラフトの評価!なぜ悲鳴!涙

他球団のファンの人には朗報、阪神ファンの人には悲報 大山が登録抹消でも、大きな怪我とかではないからそんなに時間かからないと思うからはよ戻ってきて!

阪神が大山悠輔をドラフト1位で指名した、その瞬間報道陣は「えぇ~っ」。ファン1000人を埋めた会場からは、どよめきにわずかなブーイングが交じったそうです。大山は涙を流したとか。

この究極の決断、大山のドラフト一位は金本が決めました。

金本監督は、大山の1位指名が決まったのは、ドラフト会議直前の20日昼のスカウト会議だったことを明かし、 「ぼくが言い出しっぺだったが、みんな『いいんじゃないか』と言ってくれた」と高評価していたことを強調しています。

そのほかに金本は下記のようにコメントしています。

「今のチームの現状を見た時に、若手のホープといいますか、投手と野手の数の差をみんなで検討しまして、ウイークポイントは野手ということで、満場一致で決まりました」

高校や大学での活躍をするとドラフト1位で指名するほどでもないようにも思えますが、金本監督の感というものがあたるのでしょうかね。

阪神の謎ドラフトと球界で笑われてます。

覚醒した?

2020年シーズン、大山選手が見事キャリアハイの成績を残しました。

そこで、気になるのが大山選手のこの活躍が果たして真の覚醒であるのかどうか。

020年の成績はキャリアハイであることがわかります。

特に新型コロナの影響で試合数が少なくなったにもかかわらず、本塁打数は前年よりも2倍。

そして、打点も同様に前年の数字を越すことができました。

阪神の4番としてプレッシャーが非常にある中で、ここまでの成績を残せたことは非常に大きいのではないかと思いますね。

特に、シーズン終盤まで巨人の4番である岡本選手と本塁打王争いを演じたことは、阪神ファンに多くの夢と希望を与えたように思います。

非常に素晴らしいシーズンでした。

2021年シーズンが本格的に試されていますね。

優しい性格なため不安視

投手豊作とされ、野手の注目選手はほんの一握りでした。大山は大学侍ジャパンの4番ですから、いい打者とは思いますが、マスコミ各社の候補者リストでもBランクだったはずです。

その他、田中正義(創価大)を1位指名する球団が、当たりくじを引けなかった場合は大山を外れ1位で指名するという情報を得たようの声もありました。

大山選手は誰もが認める真面目な性格の持ち主ですよね。一生懸命練習しますし、まっすぐな性格は素晴らしいと思います。

目立たないいぶし銀タイプの性格なため、4番打者にフィットするかが不安でもありました。

可愛いとの声も

4番打者は独特の世界観や雰囲気がある人が多く、阪神で言えば掛布さんや金本さんのような人ですね。

普段プレー中は真剣そのものですが、チームメイトとの会話しているときやオフの時に見せる笑顔は女性ファンが虜になっています。

巨人ファン

幼少期は巨人松井秀喜、高橋由伸のファンでした。茨城出身だったからそうでしょうね。ただ、その悲鳴が関西でやっていく強い気持ちになったのでしょう。

まとめ

大山は2018年が勝負の年だと思います。糸原の本職はサードであり、来年度FAで獲得し、セカンドを浅村が守ったら、守る場所がファーストになるかもしれません。

ただ、ファーストはバッティングがよくないと、外国人が守ることが多いチームですので、どうなるのか気になるところですね。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました