巨人・大江竜聖は中継ぎ・守護神・抑えへ!高校時代も!クックはどうなる?

こんちは、ヨシラバーです。

巨人の大江竜聖の話題です。

二松学舎大付高(東京)から入団して3年目です。

昨年までは、二軍では先発だったが、2019はリリーフに挑戦している。

一軍未登板ながら、勝利の方程式入りは濃厚です。

それどころか、守護神を任される可能性も出てきています。

大江竜聖のプロフィール

日本
出身地 神奈川県座間市
生年月日 1999年1月15日
身長 173 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 ドラフト6位
年俸 500万円 (2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
二松學舍大学附属高等学校
読売ジャイアンツ (2017 – )

二松學舍大学附属高等学校時代はは?

二松學舎大学附属高等学校に進学します。

 高校では、1年時から控えとしてベンチ入りしており、同年主にリリーフとして登板してしいます。

 同校の全国高等学校野球選手権大会初出場に貢献した。翌年の選抜高等学校野球大会にも出場し、松山東高等学校相手に16奪三振の力投を見せるも試合には敗れています。

2018年中継ぎや抑えは炎上した

2018年の巨人のストッパー事情ですが、2017年に26Sをマークした豪腕投手カミネロが当初は抑えとして計算されていました。

 速球の速さの割に痛打を打たれる事が多く、制球難も重なって不安定な投球が続いていました。

その後も43歳の上原、マシソン、澤村だったりアダメスや山口俊などが緊急で抑えを任されたりしました。

2019年度の守護神はクックの予定

マシソン選手が年齢的にもセットアッパーはきついと判断しての中継ぎの補強かカミネロ に変わる守護神としての活躍を期待か。

どちらにしろ、今年の優勝はクックにかかっていると言っても過言ではありません。

 状態がいい時と悪い時があって首脳陣もまだ判断しかねているようですね。

また、左打者に弱いとか、セットポジション、牽制、クイックといった投球以外のところに弱点があるという情報があるが、まだそういう部分まで見えていません。

これから開幕にかけて、もしくは開幕してから、クックの弱点が露呈した時、誰が代わりのクローザーを務めるのか。

そこで大江に注目されています。

大江もクローザー候補

経験豊富な上原が二軍に控えているが、大江も候補に割って入ってきた。

 この日は実績のある吉川光が八回、大江が九回を任された

 原監督が『危機管理』としてクローザーを想定しはじめているようです。

ただ、大江がクローザーを務めるということは、年俸1億4300万円で獲得したクックがコケたことになる。

こうなると球団は手放しでは喜べない。まさに痛し痒しなのではあります。

まとめ

山口哲也のようなピッチャーになってほしいかと思います。高校時代にも中継ぎの経験をしているので適正はあるのかもしれませんが、先発でもみてみたい投手ですね。