カテゴリー

【巨人】野上亮磨・炭谷銀仁朗バッテリーはノガギン?関係・西武

ヤクルト戦で野上亮磨がロングリリーフとして登板しましたが、炭谷銀仁朗とこれほど息がぴったりだとは思いませんでした。バッテリーで相性はあるのでしょうか。

ノガギンいいじゃないか。

野上亮磨と炭谷銀仁朗は?

1987年のジャイアンツ選手は野上、炭谷、そして山口俊の3人。この世代は極端に少ないですね。

野上亮磨

石川梨華の旦那さんで、西武時代はは「美肌王子」と呼ばれて女性人気も高かったそうです。

出身地 福岡県太宰府市
生年月日 1987年6月15日
身長 体重 177 cm 77 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト2位
初出場 2009年4月30日
年俸 1億5,000万円(2019年)
経歴 神村学園高等部→日産自動車→西武ライオンズ (2009 – 2017)→読売ジャイアンツ (2018 – )

炭谷銀仁朗

実家は畳屋で、ゴールデングラブ賞も受賞した素晴らしい選手

出身地 京都府京都市左京区
生年月日 1987年7月19日
身長体重 181 cm 95 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2006年3月25日
年俸 1億5,000万円(2019年)
経歴 平安高等学校→西武ライオンズ (2006 – 2018)→読売ジャイアンツ (2019 – )

野上覚醒

移籍してから1年近く目立った活躍ができていませんでしたが、原采配で2019年4月24日のヤクルト戦で急遽一軍登録されることに。

先発の高橋からバトンを受け、7点リードの6回に登板。6、7回を三者凡退、3イニング目の8回2死で一旦雄平に右前打を許したものの、続く大引をチェンジアップで空振り3振に仕留める活躍。

原「やっぱり素晴らしい。締まったゲームになりました」
野上「言われたところで応えるのが選手。こういう投球を続けていければ」

野上の応援歌を皆忘れているほど

ノガギンのエピソード

同じ年なので仲良くなるのは必然的でした

びっくりドンキーで語り合う

西武時代は試合や練習の帰りにびっくりドンキーでお互いのことを語り合っていました。

マイルドヤンキーみを感じますが、所沢は飲食店がありませんからね。

西武時代は帰り道、大好物の人気ハンバーグ店「びっくりドンキー」へ一緒に行き、特大のハンバーグやイチゴミルク、フライドポテトを食べながら野球を語り合うことが楽しみの一つだったという。「チームはみんな仲が良いし、雰囲気もいい。銀仁朗はすんなり入っていけると思います」

炭谷・野上のスマート会計

今年の春に炭谷銀仁朗が、野上亮磨と食事中に高橋優貴と岡本和真らの同級生会に遭遇。

「おごるよ」「いやいや~(笑)」という日本文化特有の押し問答・茶番劇もなくスマートに支払いを完了しましました。

店の奥で岡本らが同級生会を開催中と知ると、店員に「会計はこっちに持ってきてください」と野上とおとこ気会計。

先に帰るつもりだったが、岡本を先頭に5人からお礼された。「出世返しで頼むわ」とギャグで返した。

まとめ

公式戦で初めてのバッテリーでしたが、これから活躍してくれたら嬉しいです

シェアする