巨人・中川皓太の最速は?ドラフトで中日の岩瀬仁紀に似てるため指名!

こんにちは、ヨシラバーです。

今年の巨人は、バッターや先発ピッチャー、そして指揮官の原監督が復帰し、優勝候補筆頭であります。

ただ、そのなかでも中継ぎやリリーフが弱いため優勝ができないとの声もあります。守護神であったクックが怪我してしまったのも痛いですよね。

だけど、巨人には中川がいます。山口2世ともいわれています。

巨人はなぜドラフトで指名したのでしょうか。

中川 皓太のプロフィールは?

出身地

大阪府富田林市
生年月日 1994年2月24日
年齢 23歳
身長 183cm
体重 86 kg
高校

山陽高等学校

大学 東海大学

高校・大学時代

1994年2月24日、大阪府の富田林市で生まれました。PL学園の所在地ですね。
広島の山陽高校では、県大会準優勝が最高であり甲子園へ出場することはできませんでした。

その後、東海大学に入学し、一年の秋からリーグ戦に出場しました。通算16勝1敗 防御率1.31の成績を残しております。

前年の2014年の巨人はドラフトで4名しか指名していませんので、指名はないものと思われましたが、2015年ドラフト会議で7位指名を受けました。

中川 皓太を指名したのは中日岩瀬タイプ

中川皓太に対しての評価はセットアッパーとしての期待が大きかったのです。また、サウスポーでもあり、当時は山口鉄也がおり、後任として期待されたのでしょう。

山口哲也の年齢による衰えも感じることもあり、次の左投手も育てていかないとペナントレースで戦っていくためには戦力的に不足してきますね。

下記がスカウト陣のコメントです。

「中川皓太はプロでは中継ぎ、セットアッパーだろうが、コントロールで崩れる投手ではない。左投手の場合、右打者の内角直球に注目が集まるが、彼は右打者の外角のコントロールがいい。スピードガンの計時よりキレのある球を投げる」
「中川皓太はバランスが良い投手。(中日ドラゴンズの)岩瀬みたいになってくれれば」
「大崩れしない。現場は左腕を求めている。チャンスはある」
投げ方は(中日ドラゴンズの)岩瀬のような感じ。球速以上にボールの質感がいい」

「中川皓太は上背が180センチ以上あって角度もある。左右のコントロールがいい。角度と制球力。左投手として必要なものを持っている」
「中川皓太は投球のリズムがいい。右打者の外に決まる制球はすごい。試合を作れるタイプ」
「エース・吉田侑樹という存在がある中で春のリーグ戦から主戦級の働き。現在ではリーグ戦の初戦登板を任されるようになり、中川皓太の立ち振る舞いも変わってきた」

中川の最速150キロ

中川選手のストレートの最高球速は150キロです。

プロとしては抜きんでた速さではありませんが、本人はストレートが最大の武器だと話しています。

とはいえ、左投手で150キロを投げられるのは希少価値が高いですよね。

入団当初は145キロだったので、かなりの成長です。

まとめ

中川は本当に成長しました。ただ、まだ1年を通して活躍していないので、山口鉄也のような活躍をしてほしいですよね。