中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸?阪神ファン?

中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸?阪神ファン?ロッテ
中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸?阪神ファン?
この記事は約4分で読めます。

中村 奨吾(なかむら しょうご、1992年5月28日 – )は、兵庫県三木市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

中村 奨吾は今年4月18日に国内FA権を取得しています。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事は中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸?阪神ファン?残留についてお伝えします。

#ロッテ 】中村奨吾が国内FA権を取得「今は何も考えていません」 https://hochi.news/articles/20220418-OHT1T51108.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=hochi_baseball… #千葉ロッテマリーンズ #chibalotte #baseball

中村奨吾のプロフィール

2015年に早大からドラフト1位で入団すると、即戦力の期待に応えるように、1年目から111試合に出場。二、三塁に遊撃、さらには外野を守るなど複数ポジションをこなし、18年には二塁に完全コンバートすると、同年と昨季に二塁手のゴールデン・グラブ賞を受賞。18年から今年4月に新型コロナでの離脱するまで全試合出場を続け、右方向に運ぶ巧打とスタンドインできるパワーを併せ持った中距離ヒッターとして、存在感を示してきた。何より練習に励む姿勢が、後輩たちに好影響を与えてきた。

出身地 兵庫県三木市
生年月日 1992年5月28日(26歳)
身長 180 cm
体重 79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手、外野手
プロ入り 2014年 ドラフト1位
初出場 2015年3月29日

関連記事:中村奨吾の嫁!結婚相手!熱愛?守備位置?家族構成!母・兄?自宅?性格?愛車

中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸は?残留

中村奨吾のFAを獲得?移籍?阪神ファン

ヨシラバー
ヨシラバー

中村奨吾のFAを2022年に獲得しています。「関わってくださった方々やサポートしてくださった方々に感謝の気持ちです。その感謝の気持ちを持ち続けながら、シーズンを戦い抜いていきたいと思います」と感謝を述べています。

ロッテの中村奨吾内野手(29)が18日、国内FA権の資格取得条件を満たした。出場選手登録が7年に達した。  「関わってくださった方々やサポートしてくださった方々に感謝の気持ちです。その感謝の気持ちを持ち続けながら、シーズンを戦い抜いていきたいと思います」と球団を通じてコメント。FAの行使については「今は何も考えていません」とした。

引用元:【ロッテ】中村奨吾が国内FA権取得 行使については「今は何も考えていません」

そもそも糸原がサードやってて、大山とサトテルがが嫌なのがおかしい。 そしてセカンドに糸原が戻ったら。。。糸原を中心に考えてるからね。 来年、中村 奨吾を阪神はFAで取りそうだな。

ファンのこえも

阪神に日本シリーズまで行ってほしいと思う反面中途半端に勝っちゃうことで補強をサボりそうって考えると複雑な気持ちになる。 マジで死んだ改善しないとなんだから絶対FA参戦してほしいわ。浅村が欲しいし、それが難しいなら外崎か中村奨吾でもいいよ。その2人でも十分今よりは打線改善につながる。

ヨシラバー
ヨシラバー

中村 奨吾は阪神ファンで有名ですからね。

糸原選手は守備に課題があります。

年俸は?

2022年は年俸1億1千万です。

ロッテ中村奨吾内野手

来季の契約更改交渉に臨み、4000万円増で大台突破の年俸1億1000万円でサインした。

順調にいけば来季中に国内FA権を取得するが、契約年数は「単年です」と明かした上で「来年は単年で、時期が来ればいろいろ話そうと(球団から)言ってくれたので、来年しっかり頑張ってFAを取れるように頑張りたいと思っている」と話していました。

年度年俸(万)差額年齢球団
202211000430030歳千葉ロッテマリーンズ
20216700-50029歳千葉ロッテマリーンズ
2020720020028歳千葉ロッテマリーンズ
20197000350027歳千葉ロッテマリーンズ
2018350030026歳千葉ロッテマリーンズ
2017320070025歳千葉ロッテマリーンズ
20162500100024歳千葉ロッテマリーンズ
20151500023歳千葉ロッテマリーンズ

まとめ:中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸?阪神ファン

いかがでしたでしょうか。

中村奨吾のFA移籍は阪神?年俸?阪神ファンについておつたえしました。

二遊間が長年の課題の中村奨吾は阪神に移籍か残留かでしょうね。

コメント

野球ブログ

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました