【巨人】長嶋茂雄・ミスタージャイアンツの引退試合は?1974年10月14日

10月14日は長嶋茂雄さんの引退日です。巨人にとって今日という日が特別な日なのは間違いありません。44年前なので私も生きていませんがどんな日だったのでしょうか。

長嶋茂雄さんの2019年カレンダーも発売中

長嶋茂雄さんとは?

ご紹介するのも恐れ多い方です・・・

プロフィール

千葉県印旛郡臼井町(現:佐倉市)出身の元プロ野球選手(内野手)

プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。

日本プロ野球名球会顧問

血液型はB型。

志溢れるプレイと無類の勝負強さで巨人の4番打者として活躍し続け、多くの野球ファンを熱狂させた「ON砲」として並び称された王貞治とともに巨人のV9に大きく貢献した。2001年より株式会社よみうり(現:株式会社読売巨人軍)専務取締役、巨人軍終身名誉監督。2013年、国民栄誉賞を受賞した。日本のプロ野球において400本塁打・2000安打の同時達成は大卒では史上初である。(Wikipedia)

知名度ランキングは日本人47位?

2017年放送された水曜日のダウンタウンの「日本人知名度ランキング」では47位。松本人志さんも驚きの表情です。私もリアタイでこの放送を見ていましたが嘘だろ??と言葉を発してしまいました。

引退試合について

1974年10月14日の第二試合(当時は1日2試合もありました)に引退試合がありました。

前日に開催される予定でしたが降雨で順延。中日の優勝パレードが行われたため星野仙一さんらは出場しませんでした。

さくらももこさんが亡くなりましたね。ご冥福をお祈り致します。日曜日のデイゲームの後にちびまる子ちゃんを見るのが好きでした。サッカー王国静岡が...

長嶋茂雄さんの全記録

Amazon.co.jp | さらばミスタージャイアンツ 長嶋茂雄全記録1958~2001 DVD・ブルーレイ - 長嶋茂雄

突然の引退表明だった

引退を表明したのは1974年10月12日で、引退試合の2日前。中日が20年ぶりのリーグ優勝を決めた日にもかかわらず優勝の印象が薄くなってしまいました。

巨人がV10を逃したからではなく、17年もプレーしていたのでシーズン前から引退の噂があったようです。

1974年10月12日、ミスタージャイアンツと呼ばれたプロ野球巨人の長嶋茂雄さんが記者会見で現役引退を表明、17年間の選手生活に別れを告げた。

スタメンは?

巨人側のスタメンです。「4番サード長嶋」のアナウンスでは大歓声が上がりました。

柴田勲
高田繁
王貞治
長嶋茂雄
末次利光
黒江透修
土井正三
吉田孝司
横山忠夫

スピーチコメントは?

永久に不滅ですコメントが有名です。

「10連覇の夢は敗れ去りました。」
「自らの体力の限界を知るに至り、引退を決意致しました。」
「私は今日引退を致しますが、我が巨人軍は永久に不滅です!」

長嶋一茂は歯医者

タレントの長嶋一茂さんはその時歯医者で治療をしていました。歯科助手の方に言われるその時まで引退試合のことを知らなかったとテレビで語っています。理由を伝えないのもミスターらしいです。

「あなたのお父さんが引退するからさみしい」と歯科助手に言われた
「始球式をやってみないか」といわれたけど恥ずかしいから断った
後楽園球場が好きじゃなかった

 オヤジの引退セレモニーが後楽園球場で行われた1974年10月14日、俺は歯の治療を受けていた。歯科助手の女性が突然、泣き出してね。「どうしたの?」って聞いたら、こう言われてビックリしたのを覚えている。

まとめ

今日のクライマックスシリーズも伝説の日になるといいですね。

長嶋茂雄氏の出版本です。

Amazonで長嶋 茂雄の野球は人生そのものだ。アマゾンならポイント還元本が多数。長嶋 茂雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また野球は人生そのものだもアマゾン配送商品なら通常配送無料。