巨人が水野雄仁をコーチに就任!ピッチャー投手を立て直せるか

こんにちは、ヨシラバーです。

解説でよくみかける水野は、甲子園では桑田真澄と同じスーパースターであり、巨人にドラフト1位で入団しました。

そして、長嶋前監督以来のコーチへ就任となりそうです。

“巨人・原政権に元木、水野、宮本氏ら招聘!村田、杉内氏はファーム指導者に(東スポWeb) - Yahoo!ニュース @YahooNewsTopics”

水野雄仁のプロフィールは?

出身地 徳島県阿南市
生年月日 1965年9月3日
身長178 cm
体重 82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年5月22日
最終出場 1996年10月22日(日本シリーズ第3戦)

水野雄仁の経歴は?

選手歴
徳島県立池田高等学校
読売ジャイアンツ (1984 – 1996)
コーチ歴
読売ジャイアンツ (1999 – 2001)

池田高校時代では荒木大輔・KKコンビと対戦

池田高校時代は、82年夏・83年春における史上4校目の「夏・春連続制覇」、1983年夏のベスト4進出の中心選手として活躍した。83年春・夏はエース・4番として出場し、「阿波の金太郎」と呼ばれた。

82年の夏の選手権では、甲子園のスターであった荒木大輔を擁する早稲田実業学校との準々決勝では、終盤に満塁本塁打を放った。この試合で甲子園初登板も果している。

翌83年夏は史上初の夏春夏の3連覇を目指して、全国大会に出場。

準決勝では桑田真澄・清原和博のKKコンビ率いるPL学園に7対0で屈した。清原からは4三振を奪うも、桑田には左翼スタンドへの特大の本塁打を喫している

甲子園が一番盛り上がったころじゃないですかね。荒木大輔から水野雄仁に、そしてKKへとスーパースターが移り変わっていくのがわかりやすかった。

ただ、KKが今は一番有名ですが、水野も池田高校としてCMとなったり、ブームは確実につくっていましたね。

巨人時代では

藤田元司、長嶋茂雄両監督時代は中継ぎ、抑えとして活躍しました。しかし、2年目に肩を痛めてしまったらしいです。

9年目に右肘の遊離軟骨で苦しむなど常に怪我との戦いで1996年限りで一度引退します。

なぜ31才で巨人を退団したのか?早かった

この時にパ・リーグの数チームから話が来ているから、現役を続けたいなら話をつけてあげよう・・・みたいな事を球団から言われたそうですが、いまさら自分をクビにしたチームの世話になんかなりたくないと思い引退を決意したようなのです。

水野雄仁のコーチとしての実績は?

スポーツ報知の野球解説者を務めた後、1999年から2001年まで巨人のピッチングコーチを務めています。

ミレニアム打線の頃のジャイアンツですね。

上原や高橋尚成などメジャーでも活躍した選手時代のコーチです。

まとめ

テレビで水野が解説しているのをよくみますが、コーチとしてなぜ復活しないのだろうかと思いました。

エースの菅野一人に頼ってきた投手陣の抜本的立て直しが求められますね。